このページの本文へ

Thermaltakeから総アルミの外付けドライブケース3製品が登場! アナログ式データ転送メーターも装備!

2005年09月14日 23時27分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltake製のスタイリッシュなドライブケース“Muse”シリーズ3製品が今週16日から発売予定となっている。ラインナップは2.5インチHDD用「A2291」と3.5インチHDD用の「A2292」、そして5インチ光学ドライブ用の「A2293」の全3モデルだ。

「Muse」
Thermaltake製のスタイリッシュなドライブケース“Muse”シリーズ。アルミをふんだんに使用した高級感あるつくりが特徴
開閉
側面に用意されたイジェクトボタンを押すことでワンタッチでフタの開閉が可能

 この製品は、総アルミの筐体にファンレス仕様となるのが特徴のUSB2.0対応外付けドライブケース。全モデル共通で側面に用意されたイジェクトボタンを押すことでワンタッチでフタの開閉が可能で、内部はネジレスデザインを採用。簡単に取り付け可能なのが嬉しいところだ。
 また3.5インチHDD用の「A2292」と5インチ光学ドライブ用の「A2293」は、ブルーバックライト付きのアナログ式データ転送メーターを装備。アクセスの様子が一目でわかるようになっている。その他、USBケーブルや縦置きスタンドなどが付属(2.5インチHDD用「A2291」には皮製ケース)。16日からの販売を予定しているT-ZONE.PC DIY SHOPでは、価格が「A2291」で4980円、「A2292」で6980円、「A2293」で7980円となっている。従来の製品と比較すると少々割高感は否めないが、見た目を重視するユーザーにとっては注目の製品といえるだろう。

内部 転送メーター
内部はネジレスデザインを採用しているので簡単に取り付けが可能だブルーバックライト付きのアナログ式データ転送メーター
「A2293」 アルミ
こちらはて5インチ光学ドライブ用の「A2293」。縦置きスタンドもアルミ製となる使用するアルミは肉厚で高級感がある
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ