このページの本文へ

松下電器産業、CDケースサイズのポータブルDVD MULTIドライブ『LF-P867C』を発売

2005年09月07日 17時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は7日、業界最小/最軽量というCDケースサイズで重さが約290gのポータブルDVD MULTIドライブ『LF-P867C』を16日に発売すると発表した。インターフェースはUSB 2.0/1.1で、USBバスパワー駆動に対応している。価格はオープン。

『LF-P867C』
『LF-P867C』

『LF-P867C』は、基板設計の見直しなどにより従来製品『LF-P767C』より、体積比で約80%、重量比で約92%に小型軽量化したほか、DVD-R DLの書き込みに対応したのが特徴。本体サイズは幅135×奥行き135.6×高さ14.8mm。記録速度も上がっており、DVD-RAMの書き換えが5倍速に、バスパワー駆動時のDVD-R書き込みが4倍速になっている。

AC電源を利用する場合、書き込み速度はDVD±Rが8倍速/DVD+R DLが2.4倍速/DVD-R DLが2倍速/CD-Rが24倍速、書き換え速度はDVD-RAMが5倍速/DVD±RWが4倍速/CD-RWが10倍速、読み出し速度はDVD- ROMが8倍速/CD-ROMが24倍速。USBバスパワーを利用する場合には、書き込み速度はDVD-Rが4倍速/DVD+R(DVD+R DL)が2.4倍速/CD-Rが4倍速、書き換え速度はDVD-RAMとDVD-RWが2倍速/DVD+RWが2.4倍速/CD-RWが4倍速、読み出し速度はDVD-ROMが4倍速/CD-ROMが12倍速となる。

消費電力はAC電源時が約13W、USBバスパワー時が約5W。対応機種はPC/AT互換機。対応OSはWindows XP/2000 Professional。DVD-RAM用を含むドライバーソフトと、アプリケーションとして、オーサリングソフト『PowerProducer3(CPRM対応版)』、DVD-RAM対応のDVD-VRビデオ編集ソフト『DVD‐MovieAlbumSE 4.1』、DVDプレーヤーソフト『PowerDVD 6』、ライティングソフト『B's Recorder GOLD 8 Security』、パケットライトソフト『B's CLiP 6』が付属する(B's CLiP 6以外は従来製品からバージョンアップされている)。

パッケージには、小型ACアダプター(AC100V~240V対応)と専用USBケーブルが同梱される(コンバインケーブルはオプション)。製造はパナソニックコミュニケーションズ(株)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン