このページの本文へ

リコー、画質を追求したコンパクトデジタルカメラを9月13日に発表

2005年08月30日 17時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)リコーは30日、コンパクトカメラ“GRシリーズ”のコンセプトを受け継いだデジタルカメラを9月13日に発表することを発表した。製品名や発売日、価格、仕様なども発表日に公表するとしている。

“GRシリーズ”は、21mmあるいは28mmの広角レンズを採用した35mmフィルム用の薄型コンパクトカメラで、画面の隅々まで高画質で撮影できるようにしたのが特徴。1996年10月の『リコーGR1』などカメラ5機種と、カメラに搭載したGRレンズをLマウント対応にした交換レンズ2機種が発売された。今回発表するデジタルカメラは「GRのデジタル版を」という声に応えて発表するものという。

同社では発表に合わせて、新製品や“GRシリーズ”に関する話題を提供するブログ(www.grblog.jpを31日に開設し、9月13日には東京国際フォーラムにおいて、製品名にGまたはRの付くカメラを入場パスとする発表会を一般向けに開催する。参加者をブログで100名募集し、応募者多数の場合は抽選。期間は9月5日まで。GまたはRの付くカメラのメーカーは不問という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン