このページの本文へ

三洋電機、薄型テレビ“CAPUJO”シリーズの42Vインチプラズマテレビ、37Vインチ液晶テレビを発表

2005年08月23日 20時33分更新

文● 編集部 内田泰仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

三洋電機(株)は23日、プラズマ/液晶テレビ“CAPUJO(カプージョ)”シリーズの新製品として、地上/BS/110度CSデジタルハイビジョン放送対応の42Vインチプラズマテレビ『PDP-42HD6(S)』および37Vインチ液晶テレビ『LCD-37HD6(S)』の2製品を発表した。価格は『PDP-42HD6(S)』が59万3250円、『LCD-37HD6(S)』が55万6500円。発売日はいずれも10月21日。

『PDP-42HD6(S)』『LCD-37HD6(S)』
“CAPUJO”シリーズのラインナップ

“CAPUJO”シリーズの従来モデルは、白を基調としたボディーカラーと丸みを帯びたデザインが特徴となっていたが、今回の2製品は、直線を基調とするシンプルなフォルムとインテリアにマッチするエレガントなデザインを目標に、シルバー基調のボディーカラーにデザインイメージが一新されている。2製品ともに、新設計の高画質化LSIを採用した画像処理エンジン“VIZONエンジンHD”を採用し、新LSIにより、2750億通りのガンマカーブから映像の特長に応じた最適なカーブを算出し、コントラストを強調する“コントラストブースター”、白と黒との境界を際立たせ、輪郭のくっきりした映像を再現する“ブラックシャープネス”、画像の周辺画素のレベルに応じて水平/垂直/斜め方向の鮮鋭度を向上させる“マルチディレクショナルエンハンサー”、MPEG特有のデジタルノイズを低減する“モスキートノイズリダクション”といった機能が追加されている。



『PDP-42HD6(S)』の搭載パネルの特徴『LCD-37HD6(S)』の搭載パネルの特徴

搭載パネルは、『PDP-42HD6(S)』が表示画素数1024×1024画素、輝度1400cd/m2、コントラスト比3000:1の第5世代“ALISパネル”、『LCD-37HD6(S)』はハイビジョン信号を間引きなしで表示可能な1920×1080画素表示、輝度550cd/m2、コントラスト比1200:1のTFTアクティブマトリックス駆動方式液晶パネル。両機ともにスタンド部分に電動スイーベル機構を搭載しており、リモコン操作で左右各30度の首振り動作が可能。

“スポーツモード”の特徴とモードごとの処理方法新ユーザーインターフェースが採用されたリモコンとメニュー

音声出力関連の機能としては、バスレフ方式の2Wayスピーカーをパネル下部に装備し、米SRS Labs社の音声処理技術“SRS WOW”や、1ビットデジタルアンプを採用する。また、従来モデルの『LCD-32HD6』『LCD-27HD6』にも搭載されている、スポーツ番組に最適な映像/音声再生モード“スポーツモード”を両機ともに搭載。“野球/サッカー/ゴルフ”“相撲/格闘技”“ウインタースポーツ”“マリンスポーツ”“マラソン/その他”の5モードが用意され、それぞれの競技ジャンルの特徴に応じた映像および音声処理が自動的に行なわれる。

このほか、テレビ放送の多チャンネル化に対応するため、ユーザーインターフェースを一新。リモコンには新たに“何見るボタン”が追加され、現在放送中の番組の一覧表示や、ジャンルによる番組選択が可能な新メニュー“何見るガイド”が簡単に呼び出せる。また、従来モデルに引き続き、よく使うボタン/機能のみを搭載した“簡単リモコン”も付属する。

本体サイズ/重量/消費電力は、『PDP-42HD6(S)』が幅107.6×奥行き31.4×高さ82.0cm/46.0kg/370W、『LCD-37HD6(S)』が幅92.5×奥行き31.4×高さ72.7cm/30.6kg/370W(サイズ/重量はいずれもスタンドを含んだ数値)。入出力端子およびインターフェース類は両機共通で、D4映像入力×3、S2映像入力×2、コンポジット映像入力×3、音声入力×5、USB 2.0×1(デジタルカメラ接続用)、アナログRGB入力×1(パソコン接続用)、デジタル放送出力×1(映像および音声)、モニター出力×1(映像および音声)、デジタル音声出力×1(光角型コネクター)、ヘッドホン出力×1、サブヘッドホン出力×1、ウーファー出力×1、i.LINK(IEEE 1394)×2、モジュラージャック×1(電話回線接続用)、Ethernet×1、SDメモリーカードスロット×1、B-CASカードスロット×1。

なお同社では、両機共通のオプションとして、25Wのウーファースピーカーを内蔵した専用システムラック(テレビ台)『TD-WHD6(S)』も併せて発表している。価格は8万4000円。

AVカンパニー テレビ統括ビジネスユニット 国内テレビビジネスユニット リーダーの友田宏之氏国内テレビ市場の推移と予測(台数ベース)

この日都内で開催された新製品発表会で登壇したAVカンパニー テレビ統括ビジネスユニット 国内テレビビジネスユニット リーダーの友田宏之氏は、製品の紹介に先立って薄型テレビ市場の現況について解説を行なった。この中で同氏は、2005年度の全テレビ市場では、台数ベースでもプラズマ/液晶テレビがブラウン管テレビを逆転するとの見通しを示し(金額ベースでは2003年度に逆転、2005年度はプラズマ/液晶テレビが約9割を占めると予測)、2006年に開催されるトリノ冬季オリンピックやサッカーのワールドカップ・ドイツ大会、地上デジタル放送の全国主要都市への展開などを追い風に、より一層の販売拡大につなげていきたいとした。また、ブラウン管テレビでは30インチが普及の“壁”だったというが、薄型テレビでは30インチ以上の普及が順調に進んでおり、30インチ以上の製品が販売台数全体の40%を占め、さらに、37インチ以上の大型のものは全体の15%に及ぶという。なお、“CAPUJO”シリーズの出荷台数はここまで10万台に達しているというが、同社では今年度に20万台を目標としていくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン