このページの本文へ

NTT Comとアイフォー、インターネットストレージ“cocoa”とはがき作成ソフト“筆王”の連携を拡充

2005年08月19日 20時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)と(株)アイフォーは19日、NTT Comのインターネットストレージサービス“cocoa”と、アイフォーのはがき作成ソフト“筆王”の連携を拡充すると発表した。

製品パッケージ
『筆王2006 for Windows』

両社は、2004年からcocoaと筆王の一部の機能において連携しているが、今回の拡充は、月額315円の“cocoa”を申し込むと専用ダウンロードサイトから『筆王2006 cocoaバージョン』をダウンロードして無料で利用できるほか、9月16日に発売予定の『筆王2006 for Windows』(標準版の価格は5229円)を購入したcocoaユーザーに対しては『筆王2006』で作成した住所録やはがきデザインのファイルを『筆王2006』の画面(インターフェース)からcocoaに保管/バックアップできるようにするというもの。『筆王2006 cocoaバージョン』の提供開始は11月1日で、保管/バックアップ機能は9月16日から提供する。

そのほか“CoDenユーザーサポートプラン”との連携も図られており、サポート契約を申し込んでいる場合、『筆王2006』の訪問サポートが提供される。料金は4200円で、訪問基本料金の5250円が別途必用となる。提供開始は9月16日。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン