このページの本文へ

AMDの低消費電力CPU“Geode NX”初のMini-ITXマザーボードがCommellから発売に!

2005年08月18日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Commellから、AMDの低消費電力CPU“Geode NX”シリーズに対応するMini-ITXマザーボード「LV-668」が登場した。同CPUに対応したMini-ITXフォームファクタのマザーボードが販売されるのは、今回が初めてとなる。

LV-668
AMDの低消費電力CPU“Geode NX”シリーズに対応するMini-ITXマザーボードCommell製「LV-668」

 この製品は、チップセットにS3製グラフィックコア“UniChrome”内蔵のVGA機能を統合する“KM400A(+VT8237R)”を採用するマザーボード。拡張スロットはPCI×1、DDR DIMM×1(最大2GB)、オンボードインターフェイスにはVGA機能のほか、6チャンネルサウンド(Realtek/ALC655A)、10/100Base-Tイーサネット、Serial ATA(VT8237R RAID対応)を2ポートなどを搭載している。
 本日入荷を確認したテクノハウス東映では、価格3万6800円で販売中。数少ない“Geode NX”対応マザーボードの中でさらにMini-ITXフォームファクタとなる同製品は貴重な存在となりそうだ。

チップセット ブラケット
チップセットにはS3製グラフィックコア“UniChrome”内蔵のVGA機能を統合する“KM400A(+VT8237R)”を採用VGA機能のほか、6chサウンド(Realtek/ALC655A)、10/100Base-Tイーサネッなどを搭載
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ