このページの本文へ

「8月10日は“パッとび”の日」――NTTデータとTDKコア、お笑いコンビ・キャイ~ンのライブDVDを“パッとび-J”でプロモーション

2005年08月10日 23時56分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)とTDKコア(株)は10日、東京・大手町のアーバンネット大手町ビル内NTTコーポレートニューズルームにプレス関係者を集め、7月21日に発売された、お笑いコンビ・キャイ~ン(ウド鈴木&天野ひろゆき)のライブDVD『キャイ~ンLIVE2005 ~キャイ~ンがシークレットライブまたやりました。~』のプロモーションに、“パッとび-J”を採用することを発表した。パッとび-Jのクライアントの情報料は無料だが、利用には別途通信料が必要となる。

NTTデータのプロモーションリーダーの吉田英樹氏 TDKコアのプロデューサーの清水 陽氏
NTTデータのプロモーションリーダーの吉田英樹氏TDKコアのプロデューサーの清水 陽氏

パッとび-Jは、携帯電話(当初は(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモのiアプリ対応端末(※1))でJANコード(バーコード)を読み込むと、対応するiモードサイトに移動して情報が得られるというもの。同様のプロモーションとしては今年6月、12月公開予定の正月映画“あらしのよるに”のポスターを撮影すると壁紙や着信メロディー、ミニゲームなどが楽しめるという特別サイトに移動できる、“パッとび-G”を使った映画の宣伝告知が行なわれているが、JANコードを撮影する“パッとび-J”を使ったプロモーション活動は今回が初となる。

※1 対応機種 “505i/505iS/506i/506iCシリーズ”、“FOMA 900i/900iV/900iS/900iT/900iC/901iシリーズ”の各機種(一部除く)。クライアントの入手先は、携帯電話でhttp://pattobi.jp/にアクセスして“パッとび-i”を選択する。ただし、キャイ~ンDVDのプロモーションのうち、予告編ダイジェスト映像の参照についてはFOMA端末のTV電話機能を使っているため、ムーバシリーズ(505/506各機種)では利用できない

パッとびの概要説明 パッとびの活用例の提案
パッとびの概要説明パッとびの活用例の提案

キャイ~ンLIVE2005のプロモーションでは、DVDパッケージの裏側にあるJANコードを、iアプリ“パッとび-J”クライアントで撮影すると、関連付けられた特製サイトに移動して詳細情報(ライブの日時や講演場所、演目など)が閲覧できるほか、FOMA端末のTV電話機能を利用してDVDの予告編ダイジェスト映像を見ることができる。TDKコアのプロデューサーの清水 陽氏は、「DVDは事前に中身を見ることができないので、中身を少しでも知ってもらうために、パッとび-Jを採用した。レコード店の店頭などで携帯電話を使ってバーコードを読み取り、手軽に予告編が見られる。少しでも多くの方に内容を見てもらい、DVDを買ってほしい」と今回のプロモーションに至った理由を説明した。さらに、今後もTDKコアで発売するDVDタイトルに積極的にパッとび-Jを採用していきたい、とも語った。

パッとび-Jを起動したところ DVDのダイジェスト映像をTV電話機能から呼び出したところ
パッとび-Jを起動したところパッとび-Jで、DVDのダイジェスト映像をTV電話機能から呼び出したところ

説明のあとには、キャイ~ンの2人が登場し、実際にうど/天野両氏の携帯電話でJANコードを撮影してみたり(うど鈴木さんが手にしたDVDは“2004年版”だったため非対応だったが)、なぜか登場時に手にしていたサンドイッチのバーコードを撮影してみたり(NTTデータでは、将来的には多くの流通製品のバーコードに関連付けを行ない、例えばサンドイッチの原材料の産地や生産者情報を見られるようにするなどの狙いがあるという)、本日(8月10日)発表した理由が、「実は今日は“パッとびの日”。それにちなんでの発表なんですね」と裏話を披露したりと、笑いを交えたミニトークを繰り広げた。

キャイ~ンの2人が登場 2人が携帯電話とDVDを手にして、“キャイ~ン”のポーズを決める
説明のあとで、キャイ~ンの2人が登場。容赦ないうど鈴木さんのボケと、愛のある天野ひろゆきさんの突っ込みで、会場はすぐにキャイ~ン的世界に包まれた最後は2人が携帯電話とDVDを手にして、“キャイ~ン”のポーズを決める

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン