このページの本文へ

P&A、DVDビデオ変換/作成ソフト『DivxToDVD』日本語版を発売

2005年07月29日 21時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ピーアンドエーは29日、フランスのVSO-Software社のDVDビデオ変換/作成ソフト『DivxToDVD』の日本語版を8月4日に発売すると発表した。ダウンロード販売を行ない、価格は3990円。

操作画面 ドッキング可能なダイアログ
操作画面ドッキング可能なダイアログ

『DivxToDVD』は、ムービーファイルをDVDビデオに変換するためのソフト。複数のムービーファイルを4時間までのデータとして結合できるほか、縦横比の選択(ワイドスクリーン/フルスクリーン)、チャプターの自動作成/編集、字幕ファイル(SRT)の読み込みなどにも行なえる。マルチオーディオトラックにも対応。ビデオフォーマットはNTSCとPALをサポートする。変換元となるファイルフォーマットは、Divx、Xvid、MOC、VOB、MPEG-2、MPEG-4、AVI、WMV、DVほかで、内容を事前に確認できる“プレビューモード”が用意されている。

画面表示は、メイン画面のほかに、“情報”“ビデオ プレビュー”“ログ”などのウィンドウで構成され、各ウィンドウの表示/非表示を切り替えたり、メイン画面から切り離して表示させたりでき、テーマ/スキン(13種類)を変更することもできる。

作成したDVDビデオは、DVD±R DLやDVD±R/±RWのメディアに直接書き込むだけでなく、DVDビデオのファイル構成をHDDに保存しておき、後でDVD±R/±RWメディアに書き込むといったことも可能。対応する光ディスクドライブはDVD±R/±RWの書き込みが可能なモデル。対応OSはWindows XP/2000/Me/98。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン