このページの本文へ

DVD-RAMカートリッジ対応のPanasonic製記録型DVDドライブ「LF-M821JD」が登場!

2005年07月13日 23時37分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Panasonic製記録型DVDドライブ「LF-M821JD」が登場した。昨年7月にデビューした「LF-M721JD」の後継モデルで、今回もPanasonicの伝統ともいえるDVD-RAMカートリッジメディアに対応している。

「LF-M821JD」
DVD-RAMカートリッジメディアに対応する記録型DVDドライブ「LF-M821JD」

 スペックは、DVD-RAM書き換え最大5倍速、DVD±R DL書き込み最大4倍速、DVD±R書き込み最大16倍速、DVD+RW書き換え最大8倍速、DVD-RW書き換え最大6倍速、CD-R書き込み最大40倍速、CD-RW書き換え最大24倍速、DVD-ROM読み出し最大8倍速、CD-ROM読み出し最大40倍速、バッファ容量2MB。同梱ソフトは、ソフトウェアDVDプレーヤ「PowerDVD 6」やDVDオーサリングソフト「PowerProducer 3」、ライティングソフト「B's Recorder GOLD8 BASIC」など。サイズは146(W)×196(D)×41.3(H)mm、重量約1.1g。価格はBLESS秋葉原本店で1万4790円。

パッケージ ポップ
パッケージはDVD-RAMカートリッジメディアに対応と強調しているBLESS秋葉原本店のポップ。“現在考えられる最高級のドライブです!!”と製品をアピール
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ