このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Socket939対応Athlon 64特集 Part.2

Socket939対応Athlon 64特集 Part.2

2005年07月13日 02時45分更新

文● 鈴木 雅暢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Socket939対応Athlon 64特集 Part.2

ここではAthlon 64を使うためのプラットフォームの性能と消費電力を検証していこう。AMDは、プラットフォームまで含めて自身が提供していこうとするIntelとは対照的に、チップセットは基本的にサードパーティにまかせるスタンスをとっている。Athlon 64になってからはVIAとNVIDIAが2強として、なかでもVIAが主力として支えてきたが、現在ではいちはやくPCI Expressアーキテクチャへの移行を果たしたNVIDIAがリードしている印象だ。

先進性でリードするNVIDIA
実績と低コストが武器のVIA

nForce 4 Ultra
●【nForce 4 Ultra】 3Gbps転送、NCQに対応したシリアルATA IIインターフェイスなど、NVIDIA SLIをサポートしない点以外はnForce 4 SLIと同等の機能を持つ。ノース/サウスをワンチップに統合している。

 NVIDIAチップセットの特徴はアグレッシブな先進性だ。最新のnForce 4シリーズでは、2枚のビデオカードを差すことで3D描画パフォーマンスを大幅に引き上げるNVIDIA SLIをサポートしただけでなく、ネイティブコマンドキューイング(NCQ)や3Gbps転送に対応したシリアルATA II/300インターフェイス、ハードウェアFirewall(NV Firewall/NVIDIA ActiveArmor)に対応するギガビットイーサネットコントローラを内蔵するなど、技術的に目新しいフィーチャーがさまざま搭載されている。

K8T890 VT8237R
K8T890VT8237R
●【K8T890/VT8237R】 PCI ExpressをサポートしたVIAの新ノースブリッジがK8T890。PCI Express x16を含めて、合計20レーンのPCI Expressをサポートする。サウスは従来K8T800Proと同じくVT8237/VT8237R(VT8237の新リビジョン)を使う。
掲載当初、チップセット名を誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします(2005年7月14日)。

 一方、VIAはPCI Expressのサポートで少し遅れをとった。K8T890を市場に送り出したものの、NVIDIA SLIの強烈な話題性の影に隠れ、すっかり地味な存在になってしまった印象だ。しかも、サウスブリッジもまだ旧世代のVT8237Rのまま。シリアルATA IIの3Gbps転送やNCQには対応していないなど機能面で劣るうえ、シリアルATAのHDDにWindows XPをインストールするためにはインストール時にフロッピーからドライバを読み込ませなければならないという不便さもある。とはいえ、これまでAMD64プラットフォームを主力として支えてきた実績から安定性や信頼性は高く評価されているし、チップコストが安く、搭載マザーを安価に製造できる点も魅力だ。

Universal PCI Express Slotを搭載

A8N-E
ASUSTeK
http://www.asus.co.jp/
実売価格
1万8000円前後
A8N-E
ASUSTeKのnForce 4 Ultra搭載ボード。エッジをカットしたPCI Express x4スロットにPCI Express x16の固定パーツを組み合わせることでビデオカードの装着を可能にしたUniversal PCI Expressスロットを搭載。4画面同時出力環境が構築可能だ。
A8N-Eの主なスペック
製品名 A8N-E
チップセット nForce 4 Ultra
メモリソケット(対応メモリ) 184ピンDIMM×4(DDR400デュアルチャネル)
拡張スロット PCI Expressx16、Universal PCI Express、PCI Expressx1×2、PCI×3
FSBクロック 200~400MHz(1MHz刻み)
CPUコア電圧 0.800~1.550V(0.0125V刻み)
DIMM電圧 2.60~3.00V(0.100V)
サウンド 7.1チャンネルサウンド(Realtek ALC850)
有線LAN 10/100/1000BASE-T LAN(nForce4 Ultra+88E1111)
RAID RAID 0/1/0+1(nForce 4 Ultra)
ボードサイズ 244(W)×305(H)mm

抜群のコストパフォーマンス

A8V-E Deluxe NW
ASUSTeK
http://www.asus.co.jp/
実売価格
1万6000円前後
A8V-E Deluxe NW
チップセットにVIAのK8T890/VT8237Rを搭載したAthlon 64用マザーボード。チップセット標準のシリアルATA RAIDのほか、ギガビットLAN(PCI Express x1接続)、IEEE1394a、8チャンネルサウンドなど充実した機能を装備。コストパフォーマンスも高い。
A8V-E Deluxe NWの主なスペック
製品名 A8V-E Deluxe NW
チップセット K8T890/VT8237R
メモリソケット(対応メモリ) 184ピンDIMM×4(DDR400デュアルチャネル)
拡張スロット PCI Expressx16、PCI Expressx1×2、PCI×3
FSBクロック 200~400MHz(1MHz刻み)
CPUコア電圧 0.800~1.550V(0.0125V刻み)
DIMM電圧 2.60~3.00V(0.100V)
サウンド 7.1チャンネルサウンド(Realtek ALC850)
IEEE 1394 IEEE 1394a(TSB43AB22A)2ポート
有線LAN 10/100/1000BASE-T LAN(88E8053)
RAID RAID 0/1(VT8237R)
ボードサイズ 244(W)×305(H)mm

NVIDIA SLIにするならこの1枚

A8N-SLI Deluxe
ASUSTeK
http://www.asus.co.jp/
実売価格
2万円前後
A8N-SLI Deluxe
NVIDIA SLI対応の定番マザーボード。GPUの冷却を考慮して2本のPCI Express x16スロット間隔を空けているほか、シングル/デュアルの区別が一目で分かるカード型の「EZ Selector」を装備。オンボードデバイスや独自の付加機能も充実している。
A8N-SLI Deluxeの主なスペック
製品名 A8N-SLI Deluxe
チップセット nForce 4 SLI
メモリソケット(対応メモリ) 184ピンDIMM×4(DDR400デュアルチャネル)
拡張スロット PCI Expressx16、PCI Expressx1×2、PCI×3
FSBクロック 200~400MHz(1MHz刻み)
CPUコア電圧 0.800~1.550V(0.0125V刻み)
DIMM電圧 2.60~3.00V(0.100V)
サウンド 7.1チャンネルサウンド(Realtek ALC850)
有線LAN 10/100/1000BASE-T LAN×2(nForce4 Ultra+88E1111/88E8053)
RAID RAID 0/1/0+1/5(nForce 4 SLI/SiI3114)
ボードサイズ 244(W)×305(H)mm

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中