このページの本文へ

オーバークロックじゃないぞ! DDR2-800動作のDDR2メモリがセンチュリーマイクロから!

2005年07月08日 23時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オーバークロック処理を施していない、メーカー公認のDDR2-800動作のチップを搭載した512MB DDR2メモリモジュールがセンチュリーマイクロから登場した。搭載チップはElpida製“E2508AB-GE-E”。現在、T-ZONE.PC DIY SHOPでサンプル版が展示中だ。

展示中
800Mbps動作のElpida製“E2508AB-GE-E”を搭載したセンチュリーマイクロの512MB DDR2メモリモジュール

 同社からは、今年3月に800Mbps対応の256Mbit DDR2 SDRAMの製品化が発表されていたが、ついにモジュールに実装された状態でアキバにも登場した。展示中のメモリに搭載されたチップはサンプル版のためか、同社ウェブサイトで公開されている型番“EDE2508ABSE-GE-E”と若干異なる“E2508AB-GE-E”。ただし、T-ZONE.PC DIY SHOPのポップでは「本物のDDR2-800!!」と記載されている。
 なお、“EDE2508ABSE-GE-E”のスペックは256Mbit、CL5-5-5、電圧(VDD)1.85V±0.1Vというもの。同社は「モジュール1枚で6.4GB/sec.のデータ転送速度が可能」としている。発売や価格に関してはまったく未定ということだが「まとまった数の需要があれば生産すると聞いている」(T-ZONE.PC DIY SHOP)とのこと。ちなみに、独自サポートという形ながらASUSTeK製“i955X”搭載マザー「P5WD2 Premium」は、PC2-6400(DDR2-800)の対応をうたっている。“i945P/i945G/i955X”や“nForce 4 SLI Intel Edition”の登場によりDDR2-667へとシフトしつつあるメモリ市場だが、さらに高速なDDR2-800登場の足音も迫ってきているようだ。

チップ PC2-7100
メモリに搭載されたチップはサンプル版のためか、同社ウェブサイトで公開されている型番“EDE2508ABSE-GE-E”と若干異なる“E2508AB-GE-E”同店スタッフが試したところ……PC2-7100でも動作!?
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ