このページの本文へ

ハンビット、MMORPG『グラナド・エスパダ』のクローズドβテスト“Primero”の参加募集を8日に開始

2005年07月07日 22時07分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
クローズドβテスト参加募集開始と共に公開された『グラナド・エスパダ』のスクリーンショット。独特な世界観のビジュアルと、斬新なシステムを備えたMMORPGである(画面はすべて開発中のものです)。(c)2003-2005 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd.

(株)ハンビットユビキタスエンターテインメント(ハンビット)は7日、同社が運営するMMORPG(大規模マルチプレイヤーオンラインRPG)『グラナド・エスパダ』のクローズドβテスト“Primero”の参加者“X-Tester”の募集受付を8日正午に開始すると発表した。ゲームの公式ウェブサイトから申し込みを行なえる予定。募集期間は8日正午から12日正午まで。

グラナド・エスパダは韓国IMC Games社が開発中のMMORPG。大航海時代末期の地中海ヨーロッパ文化をモチーフとした世界観や、“Multi Character Control(MCC)”と呼ばれる1人のプレイヤーが3人までのキャラクターを同時に操作する斬新なシステムを備える(詳細はこちらを参照)。すでに韓国ではクローズドβテストが開始されており、それに続いての日本での募集開始となる。クローズドβテストは数次に渡り展開される予定。

グラナド・エスパダでは、ゲームの品質向上やプレイヤーからの意見を求めるクローズドβテストを非常に重視している。テスト名のPrimeroとは、公募されたテストサーバーの名称でもあり、スペイン語で“第一の、はじめての”を意味するという。またテスト参加者に付けられたX-Testerという名称にも、“eXpert”“eXtream”“eXecutive”“eXciting”+Testerといった意味が込められているという。テスト参加者からの報告を元に、貢献の高いと判断された参加者には、8月開催予定のユーザーカンファレンスの参加権や、次期クローズドβテストフェイズ、オープンβテストでのコマンダーネーム(プレイヤー名)の優先使用権などの特典が与えられるという。X-Testerは応募された中からハンビットにより選出され、当選者には15日にメールにて当選通知が送られる。応募資格や必要動作環境については、公式ウェブサイト参照のこと。

具体的なクローズドβテストの開始日については、公表されていない。またオープンβテストは今秋、正式サービスは今冬を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン