このページの本文へ

ジャパンマテリアル、3画面表示が可能なPCI Express x16対応グラフィックスカード『Matrox Parhelia APVe』を発売

2005年07月06日 19時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ジャパンマテリアル(株)のインフォマジック事業部は6日、カナダのMatrox Graphics社のグラフィックスカード『Matrox Parhelia APVe』(PH/128PE/APVE)を8日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は5万3000円前後。

『Matrox Parhelia APVe』
『Matrox Parhelia APVe』

『Matrox Parhelia APVe』は、カナダMatrox Graphicsが2004年12月に発表したPCI Express x16対応のグラフィックスカード。最大解像度は2048×1536画素(アナログRGB)で、10bitカラー表示に対応。出力はDVI-I×2とビデオ(コンポジット/S-Video/コンポーネント)を搭載しており、パソコンのデュアルディスプレー(DVI×2)とHDTV(1080p)の組み合わせや、最大3840×1024画素の“TripleHead”(1280×1024画素の3画面表示)など、同時に3台までのディスプレーに表示できるのが特徴。グラフィックスチップは“Parhelia-LX”を採用し、128MBのメモリーとRAMDAC(400MHz対応)を搭載する。カードサイズは幅163×奥行き9×高さ111mm。対応機種はPentium 4相当以上とPCI Express x16対応スロットを搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows XP/2000。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン