このページの本文へ

ソフマップ秋葉原1号店でノートベアボーンPCの組立実演会を実施!

2005年07月02日 21時08分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、ソフマップ秋葉原1号店 パソコン・デジタル館の7階で、ソフマップ主催の“自作パソコン組立実演会”が行なわれた。イベントでは、Sonomaプラットフォームに対応したASUSTeK製のベアボーンノート「Z71Vp」と「W3V」のCPUやメモリの取り付け方と、HDD換装方法が実演された。

自作パソコン組立実演会
ソフマップ秋葉原1号店 Chicago パソコン・デジタル館の7階イベントスペースで行なわれた「自作パソコン組立実演会」
自作パソコン組立実演会
組み立ての実演に使用されたASUSTeK製のベアボーンノート「Z71Vp」(写真左)と「W3V」(写真右)

 イベント開催についてソフマップは「ノートPCのBTO(Built To Order)やベアボーンは、一般の人にはあまり認知されていない。このイベントでもっとBTOやベアボーンを理解していただきたいから」とのこと。イベントは14時と16時の2回行なわれ、16時の回には16人が参加。イベントの最後には「Pentium M 740」や、ASUSTeK製の「CT-479」が当たるプレゼント抽選会が行なわれた。組立実演会は月1回程度のペースで継続的に続けていく予定で、「来月はソフマップ ギガストア町田店でも組立実演会を予定している」とのこと。

内部構造を解説 メモリ増設
ノートPCの内部構造を解説中メモリ増設のためキーボードを外している様子
モニタを使用して解説 参加者が組み立てに挑戦
細かい部分はモニタに映し出して解説イベント参加者がCPUの取り付けやメモリの増設にチャレンジできた
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ