このページの本文へ

インテル純正“i955X”搭載マザー「BOXD955XBKLKR」がやっと発売に

2005年07月01日 23時23分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルから同社初の“i955X”+“ICH7R”搭載ATXマザーボード「BOXD955XBKLKR」が登場した。すでに発売中のASUSTeK製「P5WD2 Premium」やGigabyte製「GA-8I955X PRO」に続く製品だ。同社はチップセットの発表とともに、いち早く対応製品を市場に登場させることが多いが、今回は4月19日のチップセットの発表から遅れること約2ヵ月。ようやくのデビューとなった。

パッケージ
インテル初の“i955X”+“ICH7R”搭載ATXマザーボード「BOXD955XBKLKR」。ほかにBTXモデルもラインナップされているようだ
「BOXD955XBKLKR」
「BOXD955XBKLKR」。SLIを想定してかPCI Express x16×1のほか、PCI Express x16と同じ形状のx4スロットを1本搭載する

 仕様は、どちらかというとASUSTeK製「P5WD2 Premium」に近いもので、拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×3のほか、PCI Express x16と同じ形状のx4スロットを1本搭載。4本装備するDDR2 DIMMは、DDR2-667対応メモリを最大8GBまで搭載可能だ。そのほか、オンボードインターフェイスにはギガビットイーサネット(PCI Express接続のインテル製)や8chサウンド、IEEE1394、Serial ATAII RAIDなどを装備する。価格および販売ショップは以下の通り。

価格 ショップ
インテル
「BOXD955XBKLKR」
\27,268 T-ZONE.PC DIY SHOP
\28,800 ZOA秋葉原本店
\29,480 TSUKUMO eX.
\29,800 パソコンハウス東映
\29,980 BLESS
\30,970 フェイス
\30,980 TWOTOP秋葉原本店
\33,390 USER'S SIDE本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ