このページの本文へ

これは貴重!? “nForce 4”搭載のSocket 939対応Micro ATXマザーがFoxconnから発売に!

2005年06月18日 21時22分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Micro ATXフォームファクタでは初の“nForce 4”を採用したSocket 939対応マザーボード「NF4K8MC-ERS」がFoxconnから登場した。入荷したのはUSER'S SIDE本店で価格は1万5540円だ。

NF4K8MC-ERS
Micro ATXフォームファクタでは初の“nForce 4”を採用したSocket 939対応マザーボード「NF4K8MC-ERS」
拡張スロット
拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2とバランスよく配置される

 今までSocket 939対応マザーでMicro ATXフォームファクタの製品といえば、チップセットに“RADEON XPRESS 200/P”採用するMSI製マザーなどごく一部のモデルに限られていた。そんな中、登場した「NF4K8MC-ERS」はMicro ATXでありながら“nForce 4”を採用した貴重なモデルといえる。
 拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2という構成。DIMMスロットは2本でPC3200(DDR400)DDR SDRAMが2GBまで搭載可能だ。またオンボードインターフェイスには6chサウンドや10/100BASE-TX対応イーサネット、IEEE1394、Serial ATAなどを装備する。

nForce 4 ブラケット
Micro ATXでありながら“nForce 4”を採用した貴重なモデルだオンボードインターフェイスもIEEE1394を始め、ひと通り装備
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ