このページの本文へ

500GBが4万9990円! Serial ATA II対応3.5インチHDD“Deskstar 7K500”シリーズの販売が始まる!

2005年06月18日 20時04分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)から、これまでの400GBを大きく上回る容量500GBの3.5インチHDD、「HDS725050KLA360」が登場した。

「HDS725050KLA360」
現在流通している3.5インチHDDでは最大容量となる“Deskstar 7K500”シリーズ「HDS725050KLA360」
ポップ
容量的にまだまだ割高。ちなみに昨年4月に初登場のHGST製400GBは、初値5万2800円だった

 “Deskstar 7K500”シリーズは、現在流通している3.5インチHDDでは最大容量となる製品。インターフェイスはSerial ATA IIとUltra ATA 133の2モデルが用意されており、今回発売された「HDS725050KLA360」はSerial ATA II対応モデルとなる。主なスペックは、回転数7200rpm、平均シークタイム8.5ms、ディスク枚数5、バッファ容量16MB(Ultra ATA 133モデルは8MB)。また、アイドル動作時の騒音レベルは31dB、アイドル時の消費電力は9.6W(Ultra ATA 133モデルは9W)となる。
 価格はアークとBLESSで4万9990円。容量的にまだまだ割高感は否めないが、2台搭載するだけで1TBが実現可能なこのHDDは注目といえるだろう。なお、400GBを搭載する製品はHGST“Deskstar 7K400”シリーズやSeagate“Barracuda 7200.8/SATA”シリーズなどがすでに販売されている。

シール 裏面
型番シール。2台搭載するだけで1TBが実現可能だ裏面。ディスク枚数5を実現している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ