このページの本文へ

SLI用冷却ファンを同梱! Abitから初の“nForce 4 SLI”搭載マザー「Fatal1ty AN8 SLI」が登場

2005年06月08日 22時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Abitから同社初の“nForce 4 SLI”搭載マザーボード「Fatal1ty AN8 SLI」が登場した。他社からはかなり遅れてのデビューとなったが、なかなかユニークなギミックを満載した製品に仕上がっている。

Fatal1ty AN8 SLI
Abit初の“nForce 4 SLI”搭載マザーボード「Fatal1ty AN8 SLI」
パッケージ
同シリーズのパッケージは巨大。持ち帰るのには苦労しそうだ

 拡張スロットの構成はSLI対応ということで、すでに発売中の“nForce 4 Ultra”搭載「Fatal1ty AN8」と比べPCI Express x16が1本増え、PCIスロットが2本になった。特徴は2つ。ひとつは、同社が“OTES SLIpstream”と呼ぶSLI用冷却システム。2枚のビデオカードを上部から冷却するというものでメモリスロットに取り付けて使用する“OTES RAMFlow”の進化版ともいえる機能。もうひとつが5インチベイ内蔵型の“μGuru Panel”で、バックライト付き液晶画面には、ファンのスピードやシステム温度、電圧などの情報が表示可能で、電子メールの受信も通知。またCMOSクリアボタンも搭載しており、オーバークロックによるトラブルの際などに利用できるようになっているというものだ。
 もちろんシリーズのウリである、CPU周辺のコンデンサ類をダクトで覆いバックパネルから排気するという冷却システム“Dual OTESテクノロジー”や、ノイズの量を減らす効果があるというオーディオコネクタ用の分離ドーターカード(8チャンネル)なども同梱する。オンボードインターフェイスは、ギガビットイーサネットやIEEE1394、Serial ATA II(RAID対応)×4などを搭載。価格はクレバリー1号店で2万4118円(週末から販売)、高速電脳で2万4800円となっている。

μGuru Panel OTES SLIpstream
5インチベイ内蔵型の“μGuru Panel”。緊急用のCMOSクリアボタンには、間違えて押さないようにパネルが取り付けられている同社が“OTES SLIpstream”と呼ぶSLI用冷却ファン。VGAの間に橋を渡すように装着する
付属 バックパネル
付属物。ノイズの量を減らす効果があるというオーディオコネクタ用の分離ドーターカード(8チャンネル)などバックパネルから排気するという冷却システム“Dual OTESテクノロジー”。ちなみにファンの数はブラケット2/チップセット1/SLI用1/CPU1/SLI時にVGA分で2……電源やケースファンなども加えると大変な数になりそう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ