このページの本文へ

モニタ上にペットはいかが? 犬のヌイグルミにCMOSカメラを搭載した「ポチカム」登場!

2005年06月02日 23時54分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グリーンフラッシュジャパンから、犬のヌイグルミにCMOSカメラを内蔵したウェブカメラ「ポチカム」が登場した。USB接続となっており、平面にそのまま設置するほか、前足2本を使って液晶モニタのフレーム部分に掛けておくこともできる。

パッケージ
犬のヌイグルミにCMOSカメラを内蔵したウェブカメラ「ポチカム」

 同社のウェブサイトの説明には「CRTや液晶モニター、ノートパソコンにもすっかりなじんで、いつの間にか我が家の一員。見るたびに思わず笑顔になります」と書かれており、癒しをメインにした製品のようだ。ヌイグルミのカラーは白と茶のツートンの1種類となっている。
 CMOSセンサは1/4.5インチ30万画素のものを使用。解像度は640×480ドットで、動画撮影時のフレームレートは320×240ドット(CIFモード)時に最高30FPS、640×480ドット(VGAモード)時に最高15FPS。自動ホワイトバランス/露出コントロール機能も搭載している。撮影可能距離は4cm以上で、自動ピント機能は非搭載。ピント調整は犬の鼻の部分に用意されているピントリングで行なう。給電はUSBのバスパワーで行なわれ、消費電流は動作時に500mA、スタンバイ時に500μA。サイズは135(W)×135(D)×45(H)mm、USBケーブル長は約90cm。価格は高速電脳で3980円。

CMOSカメラ メッセージ
鼻の部分に解像度が640×480ドットのCMOSカメラが搭載されているパッケージによると「ほっと一息つきたい時に癒してくれます」とのこと
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ