このページの本文へ

デコードチップやチューナを2基搭載するTVチューナ/キャプチャカード「GV-MVP/GXW」が発売

2005年05月26日 23時29分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器からデコードチップやチューナを2基搭載し、2番組同時録画可能なTVチューナ/キャプチャカード「GV-MVP/GXW」が登場した。これは以前、秋葉原の同社ショールームでデモが行なわれた製品で、同社製のTVチューナ/キャプチャカードを1つのPCに複数枚接続することで、最大6チャンネルの同時録画が可能だ。

デコードチップやチューナを2基搭載し、2番組同時録画可能なTVチューナ/キャプチャカード「GV-MVP/GXW」。同社のハイエンドモデルとして登場

 エンコーダチップにはViXS Systems製の“XCodeII-L”を搭載しており、1チップで2番組同時のリアルタイムMPEG-2エンコードが可能だ。キャプチャは720×480/352×480/352×240ドットの3モードに対応しており、キャプチャ時のビットレートはMPEG-2時に1~15Mbps(VBR/ CBR)または25Mbps(Iフレームキャプチャ)となっている。
 2番組同時録画が可能なため、パナソニック製のTVチューナを2基搭載するほか、NEC製のデコーダを2基ずつ搭載。3DY/C分離と3Dノイズリダクションの同時利用も可能だ。対応チャンネルはVHFが1~12ch、UHFが13~62ch、CATVがC13~C63で、インターフェイスはTV入力端子(F型)×1、S-Video入力端子×1、アナログ音声/映像入力端子(コンポジット)×1。価格はラオックス PC・DO SHOPで2万3800円、クレバリー1号店で2万4118円、ドスパラ秋葉原本店で2万5480円、BLESS秋葉原本店で2万5800円、TSUKUMO eX.で2万5980円。

エンコーダチップ デコーダチップ
エンコーダチップにはViXS Systems製の“XCodeII-L”を使用NEC製のデコーダを2基搭載。3DY/C分離と3Dノイズリダクションの同時利用も可能となっている
チューナ インターフェイス
TV入力端子は1系統ながら、パナソニック製のチューナを2基搭載するインターフェイスはTV入力端子(F型)×1、S-Video入力端子×1、アナログ音声/映像入力端子(コンポジット)×1
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ