このページの本文へ

東芝、容量が45GBの再生専用次世代光ディスクを開発――HD DVDとDVDのハイブリッドディスクも

2005年05月11日 19時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は11日、記録層が3層で容量が45GBの再生専用(ROM)次世代光ディスクを開発したと発表した。併せて、両面とも2層構造で、片面が30GBのHD DVD、もう片面が8.5GBのDVDとなっている再生専用(ROM)ディスクを開発したことも発表した。

開発したROMディスク
3層45GBの再生専用ディスク(左)と、両面2層38.5GBのHD DVD/DVD再生専用ディスク(右)

3層(45GB)ディスクと両面2層(30GB/8.5GB)のHD DVD/DVD-ROMディスクは、現行のHD DVDと同じ0.6mmディスクの2層貼り合わせ構造を採用しているのが特徴。3層(45GB)ディスクでは0.6mm厚の2層ディスクと0.6mm厚の1層ディスクが貼り合わされており、両面2層38.5GBディスクでは、0.6mm厚の2層35GBのHD DVDディスクと0.6mm厚の8.5GBのDVDディスクが貼り合わされている。3層45GBディスクは1枚(片面)にハイビジョン映像を約12時間の収録が可能。両面2層38.5GBディスクは、DVDからHD DVDへの橋渡しとして利用でき、同じコンテンツを異なる画質で収録したり、HD DVDに映画の本編、DVDにプロモーション映像/音楽/サウンドトラックを収録したりといった利用も可能としている。

同社では、3層45GBの再生専用光ディスクについて、米国ラスベガスで現地時間の11日に開催される“メディアテック”のHD DVDワークショップで詳細を説明するとしており、今後、DVDフォーラムで承認されている1層15GB、2層30GBのHD DVD-ROMのハイエンドディスクとしてDVDフォーラムに提案する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン