このページの本文へ

VAIO type F VGN-FS50B

VAIO type F VGN-FS50B

2005年05月16日 00時00分更新

文● 月刊アスキー編集部・山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIO type F VGN-FS50B

ソニー

オープンプライス
(実売価格:21万5000円前後)

本記事は、月刊アスキー2005年3月号に掲載された当該記事を転載したものです。2005年4月12日に“2005年夏モデル”として、新製品が発表されています。詳細はこちらのニュース記事をご覧ください。
「VAIO type F VGN-FS50B」
「VAIO type F VGN-FS50B」。
アスキーとソニースタイルのコラボレーションサイト“SONY Flash on ASCII”
ソニー製品はこちらから購入いただけます。画像をクリックするとアスキーとソニースタイルのコラボレーションサイト“SONY Flash on ASCII”に移動します。

 ノート型のラインナップの半数以上のシリーズにワイド液晶を採用するソニーは、大型ワイド液晶=TV録画機能を標準搭載するAVノート、という近頃の定式とはひと味違うワイド液晶モデル「type F」を発売した。15.4型ワイド液晶をスリムなボディにすっきり収め、かつアーキテクチャにはSonomaプラットフォームを採用した“ホームノート”である。



硬質な手触りと
主張しすぎないデザインに好感

本体右側面 本体左側面
写真1 I/O関係は本体サイズに余裕があるため、無理なく配線しやすい配置になっている。背面にポートはなく、ほとんどが右側面に集中している。手前から、PCカードスロット、IEEE 1394、メモリースティックスロット、USB 2.0×3、外部ディスプレイ出力端子。写真2 左側面はDVDスーパーマルチドライブとLAN/モデムコネクタのみ。
本体前面
写真3 非常に薄くなっているフロント面には、無線LANのオン・オフのスイッチとマイク/ヘッドホンジャックがある。

 VAIOのホームノートのラインナップの最上位には、17型ワイド液晶を搭載するAVモデル「type A」があり、15型液晶を積む「type E」もTV録画機能を標準で備えている。つまりオールインワンモデルとしては、15型液晶のtype EがTVノートになり、15.4型ワイドのtype Fのほうは、TV録画機能を持たない。しかし、デジカメの写真を見たり、インターネットをしたり、そういった家庭での一般的な利用においても、ワイド画面とたっぷりサイズのキーボードというのは、なかなかに使い心地がいい。

 また、家庭での利用においては、出したりしまったりがしやすい、場所を移動しやすい、ということでノート型を選ぶ人も多いだろう。そういうときのために、type Fには実に便利な専用ケースがオプションで用意されている。PCを使わないときには、その箱に縦に入れておけば場所をとらないし、箱のフタは取っ手にもなるので移動も楽だ。価格はオープンプライスだが、オンライン販売のソニースタイルだと4980円で購入が可能だ。

キーボード
写真4 キーボードはもちろん19mmピッチのフルサイズで、Enterキーの大きさにいたっては幅4cm以上もある。スクロールボタンは用意されていないが、タッチパッドのエッジを指で上下、左右になぞることでウィンドウをスクロールさせることができる。

 type Fの落ち着いたボディカラーにも好感が持てる。このサイズのノートPCで最薄部が25.4mmという薄さには驚かされるが、背面と底面には1.2mm厚のマグネシウム合金が入っている。手にしてみると、ひんやりした感触とともに、堅牢性も実感できる。

USB接続の外付けFDD
写真5 USB接続の外付けFDD(FS70B除く)と、メモリカードアダプタ(メモリースティック、同PRO、スマートメディア、SDメモリーカード/MMCに対応)が標準付属。

 今回評価に使用した「VGN-FS50B」は、type Fシリーズの上位から2番目の機種となる。CPUはFSB533MHzのPentium M 730(1.6GHz)で、ビデオはIntel 915GMチップセットの内蔵機能を利用。最上位の「VGN-FS70B」は、CPUがPentium M 740(1.73GHz)で、液晶の解像度が1680×1050ドット。ビデオチップには GeForce Go 6200が採用されているといった違いがある。実売価格差は2万5000円程度なので、FS50BのWXGA表示ではものたりないという人は、最上位機を狙ってみるのもいいかもしれない。下位2モデルはCPUがCeleronで、実売価格は20万円を切る。

 デスクノートというと無骨なイメージが喚起されるが、type Fは家庭での利用にしっくりくる外観を持ち、また最新アークテクチャが採用されている点にも将来的な安心感がある。

type Fの専用ケース(オプション)
写真6 オプションで用意されているtype Fの専用ケース。内部にはクッションが入っており、ACアダプタやマウスなどの付属品を入れておける仕切りも付いている。
VGN-FS50Bの主なスペック
製品名 VGN-FS50B
CPU Pentium M 730(1.6GHz)
メモリ(最大) 512MB(1GB)
チップセット Intel 915GM
液晶(解像度) 15.4型ワイド(1280×800ドット)
HDD 80GB
光ドライブ DVDスーパーマルチ(DVD+R DL対応)
FDD USB外付け
ビデオ チップセット内蔵
カードスロット PCカード(TypeII)×1、メモリースティック(Duo/PRO対応)
通信 10/100BASE-TX、IEEE 802.11b/g無線LAN、56kbpsモデム
I/O USB 2.0×3、IEEE 1394×1、外部ディスプレイ出力端子
バッテリ駆動 約3.5時間
サイズ(W×D×H) 364×264.5×25.4~36.4mm
重量 約2.85kg
OS Windows XP Home Edition SP2
Office Office Personal Edition 2003

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン