このページの本文へ

日立リビングサプライ、2.0インチ液晶を搭載し約800万画素記録が可能なコンパクトデジタルカメラ『HDC-302SLIM』を発売

2005年04月26日 17時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立リビングサプライは26日、デジタルカメラ“i.mega”シリーズの新製品として、315万画素CMOSセンサーとモニター用の2.0インチ液晶パネルを搭載した『HDC-302SLIM』を5月13日に発売すると発表した。価格はオープン。

『HDC-302SLIM』
『HDC-302SLIM』

『HDC-302SLIM』は、2004年9月に発表した『HDC-301SLIM』の後継モデルで、有効315万(総316万)画素CMOSセンサーを搭載し、補間機能を利用して約800万画素(3264×2448画素)の高画素出力に対応したのが特徴。レンズは非球面レンズ2枚を含む4群4枚構成で、焦点距離はf=8.34mm(35mmフィルム換算で約44mm)/F値は3.0。最短撮影距離は標準で約120cm、マクロで約17cm。デジタルズームは4倍。ISO感度は100相当。

本体正面と背面
左が本体正面、右が本体背面

記録媒体は内蔵フラッシュメモリー(16MB)とオプションのSDメモリーカード(最大512MB)を利用する(内蔵メモリーSDメモリーカードへのコピーが可能)。記録形式は静止画がJPEG(Exif 2.2/DCF 1.0準拠)、動画がAVI(Motion JPEG、音声なし、最大640×480画素、毎秒30フレーム)。USB接続のPCカメラとしても利用でき、640×480画素で毎秒15フレームに対応。

モニター用に2.0インチ低温ポリシリコンTFT液晶パネル(640×240画素/約15万400画素)を搭載する。インターフェースはUSB 1.1とビデオ出力を搭載する。電源は単4形乾電池×2本でオートパワーオフ(1分間/5分間/切)に対応。USB接続時はUSBバスパワーを利用する。単4形アルカリ乾電池では約40枚の撮影が可能(CIPA準拠)、再生時間は約60分。本体サイズは幅86×奥行き22×高さ56mm、重量は約85g。対応パソコンはUSBインターフェースを搭載し、OSにWindows XP/2000/MeをプレインストールしたPC/AT互換機。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン