このページの本文へ

アビーからアルミ製のノートPC用スタンドと3.5インチHDD用静音ケースが登場

2005年04月28日 21時10分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビーからノートPC用スタンド「AS Station LT-1」と、3.5インチHDD用静音ケース「AS Silencer」が登場した。「AS Station LT-1」は以前紹介した同社のアルミケース「AS Enclosure M2」に内蔵されていたものを、単品販売化したもの。どちらの製品もアルミ製となっている。

「AS Station LT-1」
A4ノートPCに対応したアルミ製スタンド「AS Station LT-1」
「AS Silencer」
3.5インチHDD用静音ケース「AS Silencer」。こちらもアルミ製となっている

 「AS Station LT-1」はノートPCの高さと角度を調整可能にするアルミ製ノートPCスタンド。ネジ止めする穴の位置を変えることによって高さを約122mm~161mmの範囲で3段階に、角度はノートPCを載せるメインテーブルを取り付ける位置をずらすことによって4段階に調整可能となっており、水平面に対してノートPC本体の角度を最大50°まで傾けることができる。メインテーブルをほぼ水平に近い状態(パラレルポジション)で使用する場合は、ストッパースクリューで固定するため、ノートPCの重さや手の重みでスタンドが傾くことはない。アルミは2mm厚で、表面にはアルマイト(陽極酸化皮膜) 処理が施されている。また、メインテーブルの裏面の12cmファンが搭載されており、動作電源はノートPCのUSBポートから供給されるようになっている。
 対応しているノートPCは厚さ44mm以下、液晶モニタのサイズは17型サイズ相当までで、フロント面に光学ドライブ、入出力端子等のある一部の機種や、極端に奥行きが長かったり、後部側に加重がかかる一部の機種は使用できない。パラレルポジション時のサイズは280(W)×269(D)×161(H)mmとなっており、重量は約1.1kg。カラーはシルバーとブラックの2色を用意。価格は下記の表の通り。

水平に近い状態 角度をつけた状態
水平に近い“パラレルポジション”の状態。このポジションで使用するときは角度調整穴付近にストッパースクリューを取り付けてメインテーブルを固定する角度をつけた状態
角度調整機能 冷却ファン
メインテーブルの位置によって4段階に角度調整が可能メインテーブル裏面に設置されている12cmファン

 「AS Silencer」は、静音性を重視した3.5インチHDDケース。音漏れの原因となるHDDのインターフェイス部およびケーブル類とハウジングのあいだに極力隙間が生じないように、上下のノイズストリッピング(スポンジ状のもの)によってケーブルを挟み込むサンドイッチ構造を採用することで密閉性を保っている。また、アルミボディとHDDのあいだに付属の熱伝導ゲルシートを貼ることにより、HDDの熱をボディに伝達するばかりでなく微量な振動をも吸収するしくみだ。接合部が少ない本体は交差0.1mmという加工精度で、同社によると放熱性能に優れるという2mm厚のマグネシウム系アルミ合金を採用し、表面には硬質アルマイト処理が施されている。サイズは147(W)×210(D)×35(H)mmで、重量は約0.85kg。対応ドライブはIDE、Serial ATA、SCSIの3.5インチHDD。カラーはブラックのみ。価格は以下の表の通り。

ケーブル引き出し部 ケース内部
上下のノイズストリッピング。ケーブルを挟み込むサンドイッチ構造のため高い密閉性を保つ静音対策がとられたケース内。3.5インチHDDはフタに取り付けられたステーに固定する
価格 ショップ
「AS Station LT-1」
\9,800 高速電脳
\9,970 フェイス
\9,980 ドスパラ秋葉原本店
ブレス
「AS Silencer」
\5,970 フェイス
\5,980 ドスパラ秋葉原本店
高速電脳
ブレス
オリオスペック
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ