このページの本文へ

LGA775とSocket 939禁断のコラボレーション!? ECS製マザー「PF88」が週末にもデモ開始予定!!

2005年04月20日 22時37分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LGA775とSocket 939が1枚のマザーボードで使用可能というユニークな製品「PF88」がECSから登場した。LGA775対応のマザーボードに、Socket 939を備えたライザーカードを装備することでAthlon 64が使用可能となるという驚きの仕様だ。

装着 A9S
ベースがLGA775対応となるマザー「PF88」にライザーカード「A9S」を装着するとSocket 939対応マザーに……。LGA775⇔Socket 939というある意味、禁断の組み合わせといえるプラットフォームコンバーターカード「A9S」。大きめのビデオカード、GeForceやRADEONの上位モデルと同程度のサイズだ

 基本となるマザーボード本体は、チップセットに“SiS656”+“SiS965”を搭載したLGA775対応の製品。このマザーボードのほぼ中央、2本のPCI Express x16スロットの間に同社が“Elite Bus slot”と呼ぶ専用スロットが設けられており、ここにライザーカード(パッケージにはプラットフォームコンバーターカード「A9S」と記載)を装着するとSocket 939対応マザーに早や変わりという仕組みだ。
 このライザーカードはハイエンド系ビデオカードくらいのサイズで、表面にSocket 939やDDR DIMMスロット×2、裏面にヒートシンクを備えた“SiS756”を搭載している。ポイントはサウスブリッジ(ICH)である“SiS965”を共有するところで、同チップに接続される機能がLGA775/Socket 939どちらの環境でも使用できるという。

PF88 SiS965
ノーマル、いわゆるLGA775対応マザーの状態の「PF88」。同社のハイエンドモデル“EXTREME”の名を冠する6層基板採用の製品だこちらが共有使用となるSouth bridge“SiS965”。同チップに接続される機能がLGA775/Socket 939どちらの環境でも使用可能だ
裏面 ディップスイッチ
ライザーカード裏面。ヒートシンクを備えたNorth bridge“SiS756”を搭載している同社が“Elite Bus slot”と呼ぶ専用スロット。おそらくLGA775とSocket 939を切り替えるディップスイッチが見える

 主な仕様は、オンボードインターフェイスにIEEE1394、8チャンネルサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA(RAID)×4、Serial ATA II(RAID)×2を搭載。拡張スロットは、PCI Express x16が2、PCI Express x1が1、PCIが3という構成となる。なお、ライザーカードを装備すると“Elite Bus slot”上部のPCI Express x16が使用できなくなるために、Socket 939使用時は同スロット直下のPCI Express x16を使用するようになっている。そのほか、4本あるメモリスロットはDDR2 667(最大4GBまで)に対応。マニュアルによるとCPUはFSB533/800/1066MHzのPentium 4に対応するとしている。一方、ライザーカード使用時の対応CPUについては不明。ただしパッケージにはAthlon 64/FX、System Bus 2000MT/sという表記が見える。
 いわゆる“人柱”製品と呼べそうなものだが、Intel系とAMD系という業界では最大のライバル同士のCPUが1枚のマザーボードで使用できるという点は非常にユニーク。同社によるとSocket 478やmPGA479Mソケットを装備したライザーカードも検討中ということなので、バリエーションが増えれば注目度もより高くなりそうだ。発売は5月中旬以降。価格は未定ということだが、本日からドスパラ本店とTWOTOP秋葉原本店で展示しており、両ショップとも週末までにはSocket 939環境でのデモを行なう予定としている。

拡張スロット ライザーカードを装備
拡張スロットはPCI Express x16が2、PCI Express x1が1、PCIが3という構成。、2本のPCI Express x16スロットの間に同社が“Elite Bus slot”と呼ぶ紫色の専用スロットが!ライザーカードを装備すると“Elite Bus slot”上部のPCI Express x16が使用できなくなるために、Socket 939使用時は同スロット直下のPCI Express x16を使用するようになっている
背面インターフェイス パッケージ
装備時の背面インターフェイス側。2スロットを消費することになる本日からドスパラ本店とTWOTOP秋葉原本店で展示中。週末にはデモも行なわれる予定
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ