このページの本文へ

インテル、同社初のデュアルコアプロセッサー『インテル Pentium プロセッサ エクストリーム・エディション 840』を発表――対応チップセットも

2005年04月19日 22時35分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテル(株)は19日、同社として初のデュアルコア搭載プロセッサー『インテル Pentium プロセッサ エクストリーム・エディション 840』とデュアルコアプロセッサー対応チップセット『インテル 955X Express チップセット』の出荷を開始したと発表した。価格は、1000個受注時の単価で『インテル Pentium プロセッサ エクストリーム・エディション 840』が10万7190円、『インテル 955X Express チップセット』が5360円。

プロセッサー(表面と裏面)
『インテル Pentium プロセッサ エクストリーム・エディション』
ダイ写真
『インテル Pentium プロセッサ エクストリーム・エディション』のダイ写真

『インテル Pentium プロセッサ エクストリーム・エディション 840』は、動作クロック周波数が3.2GHz、フロントサイドバス(FSB)が800MHzで、コアあたり1MB(計2MB)のL2キャッシュメモリーを搭載し、90nmプロセスで製造されるデュアルコアプロセッサー。“インテル エクステンデッド・メモリ64テクノロジ”(EM64T)と“ハイパー・スレッディング・テクノロジ”(HTテクノロジ)を搭載しており、『インテル 955X Express チップセット』と組み合わせることで、同時に4つのスレッドを処理できるのが特徴。

『インテル 955X Express チップセット』は、800MHzと1066MHzのFSBに対応し、デュアルチャネルDDR2 667/533メモリー(ECC対応)をサポートするチップセットで、最大8GBのメモリーに対応。オーディオ機能は“インテル ハイ・ディフィニション・オーディオ”を搭載し、PCI Express x16/x1、USB 2.0×8、シリアルATA×4、AHCI(アドバンスド・ホスト・コントローラ・インターフェース)などのインターフェースをサポートする。RAID 0/1/5/10にも対応している。



D955XBK
『インテル デスクトップ・ボード D955XBK』

同社は併せて、パソコンメーカー向けにデスクトップパソコン用マザーボード『インテル デスクトップ・ボード D955XBK』の提供も開始した。鉛フリーLGA775ソケットを採用しており、価格はオープン。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン