このページの本文へ

アライドテレシス、1TBの1Uラックマウントストレージ『ATS1000』を発売

2005年04月18日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アライドテレシス(株)は18日、容量が1GBのNAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)のエントリーモデル『ATS1000』の出荷を5月2日に開始すると発表した。価格は52万2900円。同時にホットスワップ対応の交換用250GB HDD『ATS250HDU』、拡張メインメモリー『ATSMEM-512』(512MB)、『ATSMEM-1G』(1GB)も販売する。価格は、『ATS250HDU』が4万7250円、メモリーはオープン。

『ATS1000』
『ATS1000』

『ATS1000』は、シリアルATA対応で容量が250GBのHDDユニットを4台内蔵したNAS。独自OS『RAIDiator』を採用し、電源投入から使用可能になるまでの起動時間を約1分に短縮したほか、米Infrant Technologies社の32bit RISCプロセッサー『IT-1004』を採用することでプロセッサーの消費電力を従来製品の3分の1から4分の1(約10W)に低減、また冷却装置を簡易化するなど、ランニングコストの低減も図ったという。ハードウェアRAIDに対応しており、RAIDレベルは、0、1、5をサポート(RAID 5構成の場合の使用領域は約700GB)。ホットスワップに対応しているほか、停電などで正常にシャットダウンできなかった場合にデータの被害を最小限に抑え、短時間で復旧できるジャーナリング機能や、ストレージアクセス時でも全ディスクのバックアップが取れるスナップショット機能を搭載。ユーザーが行なったファイル操作のログをとるアクセスログ機能も搭載する(5月下旬からファームウェアで提供予定)。

インターフェースは、Gigabit Ethernet(10/100/1000BASE-T)、USB 2.0×2、シリアル(D-Sub9ピン)を搭載する。本体サイズは幅442×奥行き442×高さ43mm、重量は8.27kg。最大消費電力は140W。クライアントの対応OSは、Windows 98/98 SE/Me/NT/2000/XP(CIFS/SMB)、Linux/UNIX(NFS)、Mac OS 9、Mac OS X(AFP)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン