このページの本文へ

XC Cube EZ855

XC Cube EZ855

2005年04月22日 05時02分更新

文● 鈴木 雅暢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

XC Cube EZ855

AOpen

実売価格:4万6000円前後

「XC Cube EZ855」
写真1 「XC Cube EZ855」。

 「XC Cube EZ855」は、MicroATX対応の「i855GMEm-LFS」でPentium Mをメジャーな存在に押し上げたAOpenから登場したPentium M対応のキューブベアボーンだ。ボディは同社のPentium 4用ベアボーン「EZ65II」と共通。派手さはないが落ち着いたデザインで、透明感のあるアクリル製フロントパネル、光沢のある高品位塗装が施されたサイドカバーなど、丁寧な作りが好印象だ。

シャシー構造
写真2 同社製キューブおなじみのシャシー構造。内部に十分余裕があり、組み立てもしやすい。標準添付のオリジナルCPUクーラーの動作音も静粛だ。

 本製品の魅力はやはり同社製のマザーボード。855GMEチップセットを搭載しており、ギガビットLAN、5.1chオーディオ、IEEE 1394コントローラなどをオンボード搭載。メモリソケットは2本、AGPスロットとPCIスロットが1本ずつと拡張性も申し分ない。BIOSではオーバークロック設定なども用意されており、コンシューマ向けのツボを押さえた仕様となっている。Pentium 4用ベアボーンならば当たり前のような仕様ではあるが、これまでのPentium M用ベアボーンにはなかっただけに、貴重な存在だ。


 同梱のCPUクーラーは新設計のもので、Pentium 4用に比べると簡素な構造。ファンの回転速度はBIOSレベルで自動制御され、低負荷時には1000rpm以下に回転が落ちる。この状態でほぼ無音に近く、フル回転(3000rpm)でも十分に静粛といえるレベル。また、日本語のイージーインストールガイドや組み立てマニュアルが付属するので自作経験のない方にもオススメできる。

XC Cube EZ855の主なスペック
製品名 XC Cube EZ855
拡張ベイ(空き) 5インチ×1(1)、3.5インチ×1(1)、HDD×1(1)
拡張スロット AGP×1、PCI×1
前面インターフェイス USB 2.0×2、IEEE 1394(6ピン)、IEEE 1394×2(4ピン/6ピン)、マイク、ライン出力、S/P DIF出力(光角型)
背面インターフェイス USB 2.0×2、IEEE 1394(6ピン)、LAN、PS/2×2、アナログRGB、シリアル、ライン入力、ライン出力、マイク、S/P DIF入力(光角型)、S/P DIF出力(同軸)
マザーボード AOpen UX855GME
チップセット Intel 855GME/ICH4-M
対応CPU Pentium M/Celeron M(mPGA479M、FSB400)
対応メモリ DDR266/333シングルチャンネル
メモリソケット 184ピンDIMM×2
LAN(コントローラ) 10/100/1000BASE-T(RTL8110SB)
サウンド AC'97(5.1ch、S/P DIF入出力対応)
電源ユニット 275W
サイズ 200(W)×320(D)×185(H)mm
主なキット内容 ケース、マザーボード、電源ユニット、CPUクーラー、クリーニングクロス

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中