このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

富士通、“FMV-DESKPOWER”の夏商戦向け新製品を発表――大画面&デジタル放送対応の液晶デスクトップに注目!

2005年04月19日 14時05分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FMV-DESKPOWER H H70L9V H70L7V
FMV-DESKPOWER H H70L9VH70L7V

アナログTVチューナー内蔵液晶ディスプレーをセットにした、セパレート型のデスクトップパソコン“FMV-DESKPOWER H”シリーズは、基本性能が強化された2機種が発表された。19インチ液晶ディスプレーが付属するのが『H70L9V』、17インチ液晶ディスプレー付属機が『H70L7V』となっている。液晶ディスプレー側のTVチューナーは、パソコンとは完全に独立しているので、パソコン側TVチューナーで録画中に、ディスプレー側で裏番組を見たり、パソコン画面上に小画面でTVを表示するといった使い方も可能だ。またH70L9Vの液晶ディスプレーにはステレオスピーカーに加えて、サブウーファーも内蔵されている。

本体に内蔵するアナログTVチューナー&エンコーダーは、TXやLXと同じ新高画質TハードウェアエンコードTVチューナーを採用。従来機種以上の高画質化を実現している。また従来機種でも特徴のひとつであった“ダブルHDD”も健在で、H70L9Vは合計500GB(250GB×2台)、H70L7Vでも合計400GB(200GB×2台)の大容量を誇る。

両機種共通の特徴としては、まずCPUにAthlon 64 3200+ 2GHzを搭載。チップセットはグラフィックス機能を内蔵したカナダATIテクノロジーズ社の『RADEON XPRESS 200』を搭載し、メモリーは512MB(DDR400、デュアルチャネル接続)を標準搭載する。またDVDスーパーマルチドライブ(2層式DVD+R最大4倍速書き込み、DVD±R最大16倍速書き込み、DVD+RW最大8倍速書き込み、DVD-RW最大6倍速書き込み)を搭載している。

搭載するインターフェース類は、USB 2.0×6(前面2、背面4)、IEEE 1394(S400、4ピン)、10/100/1000BASE-T、コンポーネント出力(D2映像)端子、Sビデオ出力端子、光デジタルオーディオ出力端子(角型)、V.90モデム用モジュラージャックなど。またメモリーカード用スロットとして、PCカード(Type II)×2とダイレクト・メモリーカードスロット(SDメモリーカード/メモリースティック/xDピクチャーカード対応)×1を備える。本体サイズは横置き状態で幅446mm×奥行き410mm×高さ102mm。付属スタンドを使った縦置きも可能だ。重量は約12kg。

予想実売価格はH70L9Vが29万円前後、H70L7Vが25万円前後。

FMV-DESKPOWER Hの主なスペック

H70L9V
Athlon 64 3200+/512MBメモリー/RADEON XPRESS 200内蔵グラフィックス/500GB(250GB×2)HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/TVチューナー内蔵19インチSXGA液晶ディスプレー付属/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
29万円前後
H70L7V
Athlon 64 3200+/512MBメモリー/RADEON XPRESS 200内蔵グラフィックス/400GB(200GB×2)HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/TVチューナー内蔵17インチSXGA液晶ディスプレー付属/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
25万円前後

Pentium 4モデルとSempronモデルに統合 FMV-DESKPOWER CEシリーズ

FMV-DESKPOWER CE CE75L9/F MediaDrive付属のホームサーバーモデル CE70L7 17インチ液晶ディスプレー付属
FMV-DESKPOWER CE CE75L9/F MediaDrive付属のホームサーバーモデルCE70L7 17インチ液晶ディスプレー付属

縦置きのスリムボディーと液晶ディスプレーをセットにしたスタンダードなセパレート型デスクトップパソコンが“FMV-DESKPOWER CE”シリーズである。今夏の新製品では基本機能が強化された7機種が発表されている。CEシリーズにはCPUにPentium 4を搭載するモデルと、AMD Sempronを搭載するモデルの2系統があり、それぞれで基本仕様が大きく異なる。ボディーのサイズも異なり、発熱量の多いPentium 4モデルの方が一回り大きくなっている。全機種がハードウェアMPEG-2エンコーダーを備えたアナログTVチューナーを内蔵しており、チューナー自体もTXシリーズやHシリーズと同様の、新高画質TハードウェアエンコードTVチューナーとなっている。Windows XPを起動せずにTVやDVDを視聴するインスタントMyMediaは搭載していない。

まずPentium 4を搭載するモデルには、『CE75L9/F』『CE70L9』『CE70L7』の3機種がラインナップされている。CE70L9とCE70L7の違いは付属の液晶ディスプレーのみで、前者が19インチSXGA、後者は17インチSXGAとなっている。またCE75L9/F付属の19インチ液晶ディスプレーには、アナログTVチューナーが内蔵されている。

CE75L9/Fはホームサーバー用途での使用を前提とした一風変わった製品で、本体内にIEEE 802.11b/g対応の無線LAN機能や10/100BASE-TX LANポートを備えた“ホームサーバーカード”を装着している(※1) 。さらにネットワークメディアプレーヤー『MediaDrive FMAVR-102』が付属しており、ネットワーク経由でCE75L9/F内のビデオ(MPEG-1/2)やオーディオ(MP3/WMA/WAV/Dolby Digital)、静止画(JPEG)などを家庭用TVに表示して楽しむ機能を持つ。MediaDrive用のリモコンも付属する。

※1 無線LAN機能は外部の機器がCE75L9/Fをアクセスポイントとして接続するためのもので、CE75L9/Fから他のアクセスポイントに接続して無線LANを利用することはできない。

搭載CPUはCE75L9/FがPentium 4 640-3.20GHz、CE70両機種がPentium 4 540J-3.20GHzを搭載している。クロック周波数こそ同じだが、Pentium 4 640の方は2次キャッシュ容量が倍大きい2MBで、64bit拡張技術“EM64T”や省電力機能“EIST”をサポートした最新CPUとなっている。チップセットなどは共通で、グラフィックス機能内蔵のIntel 915GV Expressチップセット、512MBメモリー(DDR2 533、デュアルチャネル接続)、300GBのシリアルATA HDDを搭載している。搭載する光ドライブも共通で、DVDスーパーマルチドライブ(2層式DVD+R最大4倍速書き込み、DVD±R最大16倍速書き込み、DVD+RW最大8倍速書き込み、DVD-RW最大6倍速書き込み)となっている。

搭載するインターフェース類は、USB 2.0×6(前面2、背面4)、IEEE 1394(S400、4ピン)、10/100BASE-TX、光デジタルオーディオ出力端子(角型)、V.90モデム用モジュラージャックなど。またメモリーカード用スロットとして、PCカード(Type II)×2とダイレクト・メモリーカードスロット(SDメモリーカード/メモリースティック/xDピクチャーカード対応)を備える。本体サイズは幅99mm×奥行き381mm×高さ379mm(スタンド含まず)。重量は約10.5kgである。

CE50L7/S ホームサーバー“FMVステーション”が付属する CE50L5 今夏のDESKPOWERでは最も安価な製品
CE50L7/S ホームサーバー“FMVステーション”が付属するCE50L5 今夏のDESKPOWERでは最も安価な製品

一方Sempron 3300+ 2.2GHzをCPUに搭載するのは、『CE50L9』『CE50L7/S』『CE50L7』『CE50L5』の4製品である。付属の液晶ディスプレーは、CE50L9が19インチSXGA、CE50L7/S、CE50L7が17インチSXGA、CE50L5が15インチXGAとなっている。チップセットは全機種共通で、グラフィックス機能内蔵の台湾Silicon Integrated Systems社製『SiS741LV』チップセットを搭載する。メモリーは512MB(CE50L5のみ256MB)、内蔵HDD容量は300GB(CE50L5のみ250GB)。搭載光ドライブはCE70シリーズと同じ仕様である。

CE50L7/Sもある種のホームサーバー志向の用途を前提としていて、CE75L9/Fほどハイスペックではない代わりに、ホームサーバー『FMVステーション FMVST-102』が標準添付する。250GB HDDを内蔵し、自分のホームページやコンテンツを簡単に登録して、インターネットに公開する機能を持つ。またIEEE 802.11b/g対応の無線LANアクセスポイント機能も備える。MediaDriveのようなメディアプレーヤー機能はないが、FMVステーション内に取り込んだ動画や静止画、音楽データは家庭内LANに接続された他のパソコンから参照することも可能だ。またCE50L7/S本体にも、IEEE 802.11a/b/g 無線LAN機能が搭載されている。

搭載するインターフェース類は、USB 2.0×5(前面1、背面4)、IEEE 1394(S400、4ピン)、10/100BASE-TX、ヘッドホン/光デジタルオーディオ出力端子(丸型)、V.90モデム用モジュラージャックなど。またメモリーカード用スロットとして、PCカード(Type II)×2とダイレクト・メモリーカードスロット(SDメモリーカード/メモリースティック対応)を備える。本体サイズは幅92mm×奥行き378mm×高さ328mm(スタンド含まず)。重量は約8.5kgである。

各機種の予想実売価格については、下記スペック一覧を参照のこと。ちなみに春モデルのCEシリーズまでは、OSに『Windows XP Media Center Edition 2005』を採用した製品が存在していたが、夏モデルではついにラインナップから消えた。国内大手パソコンメーカーではほぼ唯一の採用例だったが、やはり日本市場では受け入れられなかったようだ。

FMV-DESKPOWER CEの主なスペック

CE75L9/F (ホームサーバーカード搭載)
Pentium 4 640-3.20GHz/512MBメモリー/Intel 915GV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/TVチューナー内蔵19インチSXGA液晶ディスプレー/Windows XP Professional SP2/Office Personal Edition 2003付属/MediaDrive付属
40万円前後
CE70L9
Pentium 4 540J-3.20GHz/512MBメモリー/Intel 915GV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/19インチSXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
26万5000円前後
CE70L7
Pentium 4 540J-3.20GHz/512MBメモリー/Intel 915GV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/17インチSXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
24万円前後
CE50L9
Sempron 3300+/512MBメモリー/SiS741LV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/19インチSXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
22万5000円前後
CE50L7/S (FMVステーション付属)
Sempron 3300+/512MBメモリー/SiS741LV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/19インチSXGA液晶ディスプレー/IEEE 802.11a、b、g無線LAN搭載/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属/FMVステーション付属
25万円前後
CE50L7
Sempron 3300+/512MBメモリー/SiS741LV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/17インチSXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
20万円前後
CE50L5
Sempron 3300+/256MBメモリー/SiS741LV内蔵グラフィックス/250GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/15インチXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
18万円前後

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン