このページの本文へ

富士通、“FMV-DESKPOWER”の夏商戦向け新製品を発表――大画面&デジタル放送対応の液晶デスクトップに注目!

2005年04月19日 14時05分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FMV-DESKPOWER LX LX90L/D LX50L
FMV-DESKPOWER LX LX90L/DLX50L

大型液晶ディスプレーが売りのTXシリーズに対して、同等のハードウェアにパーソナルユースに適したサイズの液晶ディスプレーを備えるのが“FMV-DESKPOWER LX”シリーズである。従来は17インチのSXGA液晶ディスプレーを備える機種だけで構成されていたが、今夏の新製品では20インチの大型液晶ディスプレーやデジタルTV放送録画機能を搭載する上位機種が登場し、3機種のラインナップとなった。その意味ではTXシリーズとの垣根は以前ほど明確ではなくなっている。

ハイエンド志向の新製品『LX90L/D』は、写真を見ても分かるとおりTXシリーズの縮小版といった外観をしている。搭載する20インチの液晶ディスプレーは、TXシリーズと同じ1360×768ドットの16:9ワイド解像度となっている。液晶パネルは500cd/m2の高輝度と、高色純度を誇る“スーパーファインVX液晶”を採用する。

LX90L/Dが装備するデジタルTV放送受信・録画機能はTXシリーズのものと同様で、独自技術“Dixel”によるセキュアーLSIを搭載したDigitalTVboxにより行なう。3波対応のデジタルTVチューナーを備え、ハイビジョン品質のデジタル放送をそのまま録画できる。アナログTV放送用のTVチューナーも備えているが、TXシリーズとは異なりチューナーは1台なので、同時録画が可能なのはアナログ1チャンネル、デジタル1チャンネルとなる。アナログTVチューナーには、TXと同じく新高画質TハードウェアエンコードTVチューナーを採用し、従来機種以上に高画質化を志向している。

20インチ液晶ディスプレーを備えるもう1機種『LX70L』は、アナログTVチューナーのみで、デジタルTVチューナーは備えない。解像度はLX90L/Dと同じ1360×768ドットである。一方17インチSXGA(1280×1024ドット)の液晶ディスプレーを備える『LX50L』は従来のLXシリーズの路線を継承する製品で、搭載するTVチューナーはアナログTV用のみである。またボディーカラーもほかの2機種とは異なるホワイトカラーとなっている。液晶パネル自体は全機種ともスーパーファインVX液晶を採用しており、高輝度で色再現性に優れたディスプレーとなっている。

そのほかに全機種共通の機能としては、TXシリーズと同様のWindows XPを使わずにTV/DVD/ビデオ再生やTV録画を行なう“インスタントMyMedia”を搭載する点が挙げられる。わずか5秒で起動して、Windows XPを使わずにHDDまたDVD-RAMへのTV録画が行なえるうえ、録画したビデオはインスタントMyMediaでもWindows XP上でも視聴できる。グラフィックス機能にIntel 915GVチップセット内蔵機能を使う点も共通だ。また付属するキーボードやマウスが電波式のワイヤレスである点も、全機種共通である。

CPUはLX90L/DがPentium 4 530J-3.0GHz、LX70LとLX50LはCeleron D 340J-2.93GHzを搭載する。チップセットやメモリーは全機種共通で、Intel 915GV Expressチップセットと512MBメモリー(DDR2 533のデュアルチャネル接続)を搭載している。HDDはLX90L/D、LX70LがシリアルATAの300GB、LX50LはシリアルATA 250GBを内蔵する。光ドライブも共通で、2層式DVD+R対応DVDスーパーマルチドライブ(2層式DVD+R最大4倍速書き込み、DVD±R最大16倍速書き込み、DVD+RW最大8倍速書き込み、DVD-RW最大6倍速書き込み)を内蔵する。

インターフェース類はUSB 2.0×6(左2、右4)、IEEE 1394(S400、4ピン)、10/100BASE-TX、光デジタルオーディオ出力端子(角型)、V.90モデム用モジュラージャックなど。映像関係のインターフェースにはSビデオ入力、コンポジットビデオ入力、アナログ放送入力端子に加え、LX90L/DのみデジタルTV放送用の各種入力端子やB-CASカードスロットが搭載されている。またメモリーカード用としてPCカード(Type II)×2とダイレクト・メモリーカードスロット(SDメモリーカード/メモリースティック/xDピクチャーカード対応)×1を備える。本体サイズは搭載液晶ディスプレーで大きく異なり、20インチ液晶ディスプレー搭載のLX90L/D、LX70Lが、幅622mm×奥行き270mm×高さ430mm、重量は約18kg。17インチ搭載のLX50Lが幅530mm×奥行き270mm×高さ448mm、重量は約16.5kgとなっている。

予想実売価格はLX90L/Dが28万円前後、LX70Lが22万円前後、LX50Lが19万5000円前後となっている。他社の20インチ液晶ディスプレー一体型機が24万円前後や30万円前後と想定されているのに比べると、LX70Lはややリーズナブルな価格設定となっている。

FMV-DESKPOWER LXの主なスペック

LX90L/D
Pentium 4 530J-3.0GHz/512MBメモリー/Intel 915GV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/3波対応デジタルTVチューナー搭載/20インチワイドXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
28万円前後
LX70L
Celeron D 340J-2.93GHz/512MBメモリー/Intel 915GV内蔵グラフィックス/300GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/20インチワイドXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
22万円前後
LX70L
Celeron D 340J-2.93GHz/512MBメモリー/Intel 915GV内蔵グラフィックス/250GB HDD/DVDスーパーマルチドライブ/アナログTVチューナー搭載/17インチSXGA液晶ディスプレー/Windows XP Home Edition SP2/Office Personal Edition 2003付属
19万5000円前後

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン