このページの本文へ

来場者約1000人!! “AMD64 + Windows x64 祭り”が大盛況!!

2005年04月16日 18時03分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、“Linux Cafe di PRONTO秋葉原店”にて日本AMD主催の“AMD64 + Windows x64 祭り”が開催された。17時時点で約900人が来場し、会場内はゆっくりと展示製品を見られないほどの混雑ぶり。受付で来場者をカウントしているスタッフは、終了時点で981人もの来場者があったと話してくれた。

お姉さん達日本AMD主催の“AMD64 + Windows x64 祭り”が開催。イベントにはお馴染みのコンパニオンのお姉さん達の姿も

 このイベントは、発売を来週23日に控えた64bit版Windows XP「Windows XP Professional x64 Edition」とともに、AMD Athlon 64 プロセッサに対応した協賛各社の最新製品の展示やデモなどを行なうというもの。会場内にはAthlon 64搭載PCが「Windows XP Professional x64 Edition」をインストールした状態で展示されていたほか、マイクロソフトによる同OSの説明会も開かれていた。

ポスター
思い切りインテルを意識したユニークなポスター。「32ビットから64ビットへの自然な移行。AMDは、最初から主張しつづけてきました」と記載されている

 そのほかCFD販売株式会社、エムエスアイコンピュータージャパン(株)、(株)リオワークス、日本サーマルティク(株)、Tyan Computer社など協賛各社の展示品は以下のとおり。未発表、未発売の製品も多数展示されており、来場者が興味深そうに見ている姿が目立っていた。

マイクロソフト スケージュール表
少々気が早いがマイクロソフトの「Windows XP Professional x64 Edition」発売開始のポスターも貼られていた。OEM版の発売は1週間後の23日(土)だ午前から午後までびっしりと埋まったイベントスケージュール表。毎回多くの人が来場した
Athlon 64搭載PC 画面
「Windows XP Professional x64 Edition」をインストールしたAthlon 64搭載PCも展示画面上に表示されていた「Windows XP Professional x64 Edition」の文字
MSIマザー MEGA BOOK
MSIブースに展示されていた2種類のデュアルOpteronマザー。左が“nForce Professional 2200”搭載の「K8N SpeedSter(仮称)」、右が“K8T800PRO”搭載の「K8T SpeedSter(仮称)」。「K8N SpeedSter(仮称)」はSLIも可能な注目製品だこちらはMSI製のMobile Athlon 64/Turionが搭載可能なB5サイズノートPCベアボーン「MEGA BOOK MS-1013」。Turionが普及するとPentium Mに対抗しうる製品となる
SanDiego らくらくキット
CFD販売のブースでは、“Rev.Eコア”こと“SanDiego”を採用する「Athlon 64 4000+」を搭載したデモPC。もちろん「Windows XP Professional x64 Edition」が動作アキバでは販売していないマザー/CPU/メモリがセットになった「Athlon 64 らくらくキット」。CPUで採用されているパッケージを模したユニークなデザインが特徴的
ビック台風 Eclipse 日蝕
6月発売予定のThermaltake製CPUクーラー「ビック台風」。銅製ヒートパイプを6本搭載した12cm角ファン(1300rpm)装備の製品。16dBという静音性もウリこちらはThermalRock製のPCケース、その名も「Eclipse 日蝕」。アルミ製筐体に日蝕をイメージしたというブルーLED搭載のフロントパネルが印象的だ。このフロントパネルは観音開きになるタイプ
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ