このページの本文へ

市川ソフトラボラトリー、デジタル現像ソフト『SILKYPIX Developer Studio 開発テスト版』の提供を開始

2005年04月13日 19時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)市川ソフトラボラトリーは13日、デジタル現像ソフト『SILKYPIX Developer Studio』の次期製品に向けた開発テストを開始し、『SILKYPIX Developer Studio 開発テスト版』のダウンロード提供をウェブサイトで開始したと発表した。

開発テストでは、搭載予定の新機能の一部を、現行製品『SILKYPIX Developer Studio 1.0』を購入したユーザーに公開することで、ユーザーの意見や要望などを収集しながら開発を進め、より完成度の高い製品とするのが目的。

開発テスト版の主な機能は、ハイライト部分の色作りをコントロールする“ハイライトコントローラ”、RGB値ごとに独立したトーンカーブを利用して階調処理を設定する“RGB独立トーンカーブ”、自動露出補正、現像範囲を選択する“トリミング”、RAWデータに含まれるExif情報を表示(簡易表示/詳細表示)する“Exif情報の表示”など。

対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE(XP/2000を推奨)。対応機種はPC/AT互換機。『SILKYPIX Developer Studio 1.0』製品版のキーレジストレーション(ウェブ認証)が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン