このページの本文へ

アップルコンピュータ、Mac OS X “Tiger”を29日から出荷――すでに予約を開始

2005年04月12日 23時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)は12日、Macintosh用OS『Mac OS X(マックオーエステン)バージョン10.4 “Tiger”(タイガー)』の店頭販売を29日の午後6時に開始すると発表した。価格は1万4800円。同じ家庭内で使用する条件の5ユーザーライセンス版『Mac OS X Tigerファミリーパック』も用意され、価格は2万2800円。直販サイト“Apple Store”では12日に予約販売を開始した。また、新たにMacintoshを購入したユーザー向けに『Mac OS Up-To-Dateアップグレードパッケージ』も提供し、価格は送料のみの1980円。

ジョブズ氏 “Spotlight” “Dashboard”
左下がスティーブ・ジョブズ(Steave Jobs)氏“Spotlight”“Dashboard”
1月に開催された“Macworld Expo 2005”のデモの様子

Mac OS X “Tiger”では、パソコン内(デスクトップ)検索機能の“Spotlight”や新デスクトップ環境の“Dashboard”を搭載しており、H.264対応のビデオ会議ソフト『iChat AV』や、ワークフローアプリケーション『Automator』も用意されているのが特徴。対応機種は、PowerPC G5/G4/G3と256MB以上のメモリー、FireWire(IEEE 1394)インターフェースを内蔵したモデルが必要(マルチウェイビデオ会議にはPowerPC G5またはデュアルPowerPC G4-1.0GHz以上が必要)。

Mac OS X “Tiger” Mac OS X Server “Tiger”
Mac OS X “Tiger”Mac OS X Server “Tiger”
製品パッケージ(英語版)

併せて、サーバー向けOS『Mac OS X Server(マックオーエステンサーバ)バージョン10.4 “Tiger”(タイガー)』の販売も29日に開始する。価格は10クライアント版が5万2000円、Unlimitedクライアント版が9万8000円。ソフトウェア自動送付サービスに加入している場合は、サービス契約からTiger Serverを受け取ることができる。同社ではボリュームライセンスも用意しているという。また、新たにラックマウントサーバー『Xserve G5』を購入した場合は『Mac OS Up-To-Dateアップグレードパッケージ』を発送手数料の1980円で購入できる。

対応機種は、Xserve G5のほか、PowerPC G5/G4/G3と256MBのメモリー、FireWireインターフェースを内蔵し、4GB以上のHDD空き容量を持つモデル。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン