このページの本文へ

JPRS、ハイブリッド日食プロジェクトにおいて日本語JPドメイン名によるアクセス数が41万件を突破と発表

2005年04月11日 19時41分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日本レジストリサービス(JPRS)は9日、JPRSが参加した“ハイブリッド日食プロジェクト”(http://日食中継.jp)で日本語JPドメイン名によるアクセス数が41万件を突破したと発表した。これは、アクセス数全体の15%以上にあたり、日本語JPドメイン名がユーザーに受け入れられた事例となったとしている。

今回の数字は、日食中継を行なうハイブリッド日食プロジェクトのウェブサイトに、アルファベットドメイン名のURLに加えて日本語JPドメイン名のURL(http://日食中継.jp)を用意し、ユーザーがどちらのURLでも日食中継を見ることができるようにしたうえで、ユーザーがどちらのURLでアクセスしてきたかを調査したもの。

JPRSでは、今回の実験の結果をより詳細に分析し、今後の日本語JPドメイン名の普及のために役立てていくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン