このページの本文へ

AMDのモバイル向け新CPU“Turion 64”のサンプル版がアキバに登場!!

2005年04月08日 21時44分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月10日に発表されたAMDのモバイル向け新CPU“Turion 64”のサンプル版がアキバに登場した。入荷したのはバルク版の「Turion 64 MT-30」で、ドスパラ本店では近日中に展示を行なうとしている。

Turion 64 MT-30
ドスパラ本店に入荷された「Turion 64 MT-30」のサンプル版

 “Turion 64”は、90nm SOIプロセスで製造された32/64bit互換のAMD64アーキテクチャをモバイルノートPC向けに最適化したCPU。省電力化技術“AMD PowerNow!テクノロジ”によるバッテリ駆動時間の延長や、拡張ウイルス防止(Enhanced Virus Protection)機能によるセキュリティの強化などが図られている。対応Socketは754で、HyperTransportは800MHz、メモリはPC1600/2100/2700/3200のアンバッファードSO-DIMMに対応する。
 ラインナップは大きく分けて2種類用意されており、TDP35Wのモデルが“ML”シリーズ、25Wモデルが“MT”シリーズとなる。今回サンプル版として登場した「Turion 64 MT-30」は“MT”シリーズ最下位モデルとなる製品で、実クロック1.6GHz、L2キャッシュ1MBというもの。ほかに“MT-32(1.80GHz/512KB)”“MT-34(1.80GHz/1MB)”の2モデルがあるほか、“ML”シリーズは“ML-30(1.60GHz/1MB)”“ML-32(1.80GHz/512KB)”“ML-34(1.80GHz/1MB)”“ML-37(2GHz/1MB)”の4モデルがラインナップされる。
 外観は緑色の基板にCPUコアが剥き出しの状態で搭載されているなど、従来のAthlon 64とは異なり、どちらかというとAthlon XPに似たもの。ドスパラ本店によると来週中に同店のショップブランドノートPC“Prime”とセットで販売する予定で、単体での販売はないとのことだ。

Turion 64 OPN
緑色の基板にCPUコアが剥き出しの状態で搭載されているなど、Athlon XPに似た外観。基板下部に“AMD Turion 64”の文字が見える基板上部にはOPN“TMSMT30BQX5LD”と記載されている
裏面 仕様
対応Socketは754だが、マザーボードの対応状 況は一切不明だCPUに貼られていた手書きのメモ。本サンプルが動作するかは不明とのこと
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ