このページの本文へ

Socket 939+Micro ATX+VGA機能内蔵!ECSからお買い得マザー「RS480-M」が発売に!

2005年04月07日 21時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから、Socket 939に対応した“RADEON XPRESS 200”(“RS480”+“SB400”)搭載マザーボード「RS480-M」が登場した。Socket 939対応でVGA機能がオンボード、Micro ATXフォームファクタという意味ではすでに発売中のMSI製「RS480M2-IL」と同等のスペックだ。

RS480-M
Socket 939+Micro ATX+チップセットによるVGA機能内蔵と3拍子そろったECS製「RS480-M」
チップセット
“RADEON XPRESS 200”内蔵のVGA機能は“RADEON X300”相当

 仕様は拡張スロットがPCI Express x16×1、PCI×3、DDR DIMM×2(最大2GB)。チップセット内蔵のVGA機能は“RADEON X300”相当となる。オンボードインターフェイスは、Realtek製チップ“RTL8100C”による10/100BASE-TXイーサネット、6チャンネルオーディオ、South Bridge“SB400”による4ポートのSerial ATAインターフェイス(RAID 0/1対応)などを搭載する。IEEE1394やギガビットイーサネットなどは装備せずシンプルな製品に仕上がっているが、その分価格は1万2000円台と低めに抑えられているのがウリといえる。明日8日から販売となり、高速電脳で1万2075円、ドスパラ本店では予価1万2000円。

背面 SB400
オンボードインターフェイスはシンプルな構成。その分価格は安めだSouth bridgeは4ポートのSerial ATAインターフェイス(RAID 0/1対応)をサポートするSB400を採用
※当初「販売しているのは高速電脳で1万2075円。ドスパラ本店は予価1万2000円で近日入荷の予定」と記載していましたが、販売は8日(金)からの誤りでした。お詫びして訂正します。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ