このページの本文へ

NTT西日本、FTTHと3G携帯電話/無線LANによる“モバイルIPセントレックスソリューション”を発表

2005年04月07日 18時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

西日本電信電話(株)は7日、法人向けIP電話サービス“ひかり電話ビジネスタイプ”と3G携帯電話/無線LANデュアル端末などの携帯電話機を組み合わせ、固定/移動、音声/データを統合したユビキタスなオフィス環境を構築するサービス“モバイルIPセントレックスソリューション”の提供を6月に開始すると発表した。費用は概算で中小規模事業所向けが約40万円から(無線AP搭載SIPサーバー/サイトサーベイ/設計/工事/試験を含む)。回線費用/保守費用/携帯電話端末/固定電話機が別途必要。

“モバイルIPセントレックスソリューション”
“モバイルIPセントレックスソリューション”

“モバイルIPセントレックスソリューション”は、社外で携帯電話(通話)、社内(構内エリア)ではIP電話(内線/外線通話)を利用できるのが特徴。システムは、ひかり電話ビジネスタイプ、無線LAN(IEEE 802.11b)アクセスポイント内蔵SIPサーバー、ゲートウェイ装置、携帯電話端末(FOMA N900iL)、固定IP電話機などで構成され、サイトサーベイ(アクセスポイント設置位置の選定や無線LANが利用できる空きチャンネルの調査)が含まれる。専門の解析機器を使って無線LAN区間の音声品質を評価する“VoIP音声品質診断サービス”もオプションで用意する。

“N.prosol(エヌプロソル)”の
“N.prosol(エヌプロソル)”のラインアップ

同社では、“モバイルIPセントレックスソリューション”を最適ネットワークのトータルソリューションブランド“N.prosol(エヌプロソル)”のラインアップとして提供し、大規模事業者向けメニューも2005年度下期をめどに提供する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン