このページの本文へ

レッドハット、企業向けLinux『Red Hat Enterprise Linux 4』の国内販売を開始

2005年04月05日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レッドハット(株)は5日、企業向けLinuxプラットフォームの最新版となる『Red Hat Enterprise Linux 4』の国内販売を開始すると発表した。ラインアップは、ERP/CRMを含むハイエンドサーバーソリューションとして提供する『Red Hat Enterprise Linux AS』、ファイル/メール/ウェブサーバー向けの『Red Hat Enterprise Linux ES』、Linuxパワーユーザー向けの『Red Hat Enterprise Linux WS』、クライアント向けの『Red Hat Enterprise Desktop』の4製品。4月中旬に出荷を開始する予定。

『Red Hat Enterprise Linux 4』は、Linux 2.6カーネルを採用し、“NUMA(Non-Uniform Memory Architecture)”に対応したほか、セキュリティーを強化した“Security-Enhanced linux”(SELinux)を実装したのが特徴。対応アーキテクチャー/システムは、64bit Xeon、Itanium、AMD64、POWER、zSeries、S/390、x86システムなど。

価格は、『Red Hat Enterprise Linux AS』のサブスクリプションの場合、スタンダード(Standard)が20万7900円、プレミアム(Premium)が34万6500円。『Red Hat Enterprise Linux ES』のスタンダード(Standard)が10万4790円。『Red Hat Enterprise Linux WS』のスタンダード(Standard)が4万1790円。『Red Hat Enterprise Desktop』は48万900円。

同社では、『Red Hat Cluster Suite』、『Red Hat Application Server』、『Red Hat Global File System(GFS)』もRed Hat Enterprise Linux 4に順次対応するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン