このページの本文へ

ジャストシステム、音楽配信サービス対応のデジタルオーディオソフト『BeatJam 2005』を発売

2005年04月05日 16時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジャストシステムは5日、音楽配信に対応したデジタルオーディオソフト『BeatJam 2005』を5月27日に発売すると発表した。価格は3800円(税別)。ホームネットワーク機能を搭載した『BeatJam 2005 [Music Server Edition]』も発売し、価格は5800円(税別)。また、発売を記念した“発売記念パッケージ”(両製品合わせて5000本)には、(株)レーベルゲートの音楽ダウンロードサービス“Mora(モーラ)”で3曲まで楽曲をダウンロードできる“ネットミュージック・クーポン(3曲分)”が付属するという。

画面イメージ
『BeatJam 2005』

『BeatJam 2005』は、著作権保護技術“OpenMG”に対応したデジタルオーディオソフトで、これまで主にパソコンやオーディオ、携帯電話メーカーがプレインストール/バンドルすることで提供されていたもの。累計700万台以上にプレインストール/バンドルされているという。今回のパッケージ版の販売は、ユーザー層の拡大を図るのが目的。

『BeatJam 2005』では、音楽配信サービスでダウンロードした音楽ファイルや音楽CD、アナログ録音した音楽ファイルなどをパソコンで管理/再生するためのソフトで、著作権保護技術に対応したNet MDやマジックゲートメモリースティック搭載オーディオプレーヤーなどに楽曲を転送して外で聴くこともできるのが特徴。音楽配信サービスは“Mora”を利用でき、楽曲を購入する場合に同社が運営する決済サービス“@Lifeレジ”にクレジットカード情報を登録しておけば“購入”ボタンをクリックするだけで購入できるようになる。対応ファイル形式は、MP3/WMA/WAV/ATRAC3plus。ユーザーインターフェース/ムービー/曲情報表示を組み合わせた“モーションパッケージ”と呼ばれる仕組みを利用して全画面表示を行なう“RoomStyleプレーヤー”や、Skin(スキン)に対応したミニプレーヤーなどを利用できるほか、タスクトレイに格納することもできる。

対応OSは、Windows XP。対応機種は、Pentium III-1.0GHz以上、256MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機(グラフィックイコライザーなどを利用する場合)。

『BeatJam 2005』 『BeatJam 2005 [Music Server Edition]』
『BeatJam 2005』『BeatJam 2005 [Music Server Edition]』
製品パッケージ

『BeatJam 2005 [Music Server Edition]』は、BeatJamをインストールしたパソコンをホームサーバーとして利用するためのサーバーソフト『BeatJam Music Server』と、LANで接続されているほかのパソコンで楽曲を再生するためのプレーヤーソフト『BeatJam Network Player』を同梱したパッケージとなる。

また、ダウンロード版も販売し、『BeatJam 2005』(ダウンロード)が1980円、『BeatJam 2005 [Music Server Edition]』(ダウンロード)が3980円。ただし、ダウンロード販売製品にはネットミュージック・クーポンは付属しないという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン