このページの本文へ

富士ゼロックスプリンティングシステムズ、ICカード認証に対応したセキュリティーソフト『iPrinting.Secu@ 認証印刷システム for DocuPrint』を発売

2005年04月04日 18時22分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士ゼロックスプリンティングシステムズ(株)は4日、ICカードを利用して、レーザープリンター“DocuPrint(ドキュプリント)”でプリントする際の情報漏えい対策を強化するソフト『iPrinting.Secu@(アイプリンティングセキュア)認証印刷システム for DocuPrint』の販売を8日に発売すると発表した。

デュアル認証機能
デュアル認証機能

『iPrinting.Secu@ 認証印刷システム for DocuPrint』は、パソコンからのプリント指示とプリンターからのプリントの際に、ICカードを利用して認証を行なう“デュアル認証機能”によりセキュリティーを強化するソフト。プリント指示時のみに認証を行なう“シングル認証”も設定できる。指定したプリンターがビジーですぐに使用できない場合に、あらかじめ登録しておいた同じグループ内のプリンターにICカードを利用して代理印刷を行なう“グループ印刷機能”も用意されている。印刷データの伝送路が暗号化されるほか、決められた時間が経過しても認証されないジョブをプリントサーバー上で削除する自動データ削除機能なども搭載している。複数の認証印刷システムを1つのサーバーで管理して、印刷ログを収集することも可能。

グループ印刷機能
グループ印刷機能

そのほか、(株)ソリトンシステムズのデスクトップセキュリティーシステム『SmartOn NEO』とログ管理やICカードを共有し、認証プロセスを効率化するといったことも行なえる。

ラインアップは、サーバーソフトが、SmartOn NEO連携版『iPrinting.Secu@ 認証印刷サーバーS for DocuPrint 1.0』(接触タイプ)と、単独版『iPrinting.Secu@ 認証印刷サーバー for DocuPrint 1.0』(接触タイプ)で、ともに価格は15万円(税別)。クライアントソフトが、SmartOn NEO連携版『iPrinting.Secu@ 認証印刷クライアント S1~S9 for DocuPrint 1.0』(接触タイプ)と、単独版『iPrinting.Secu@ 認証印刷クライアント 1~9 for DocuPrint 1.0』(接触タイプ)で、価格は1ライセンスの5000円から5000ライセンスの840円万円まで。ネットワーク/USB変換アダプター『iPrinting.Secu@ 認証印刷アダプター for DocuPrint』が5万円(税別)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン