このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

DCR-DVD403

DCR-DVD403

2005年04月05日 00時00分更新

文● 伊藤 裕也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DCR-DVD403

ソニーマーケティング

13万4800円

DCR-DVD403
「DCR-DVD403」
アスキーとソニースタイルのコラボレーションサイト“SONY Flash on ASCII”
「DCR-DVD403」はこちらから購入いただけます。画像をクリックするとアスキーとソニースタイルのコラボレーションサイト“SONY Flash on ASCII”に移動します。

厳しい冬も終わりを告げ、春めきつつある今日この頃だが、これから先は入学式・卒業式をはじめ、花見、行楽に最適なゴールデンウィークなど、さまざまなイベントが控えている。そうした楽しいイベントを記録してくれる便利なアイテムのひとつが、カムコーダー(ビデオカメラ)だ。春は各メーカーが新モデルを積極的に投入する時期でもある。ここで紹介する「DCR-DVD403」も、3月3日に発売されたソニー(株)の最新モデルだ。



恩賜上野動物園でロケ
今回、ロケは小旅行をイメージして恩賜上野動物園で行なった。

 家庭用のカムコーダーといえば記録メディアにminiDVカセットを使用するDVカムコーダーが主流だが、DCR-DVD403は直径8cmのDVDメディアに直接映像を記録する“DVDカムコーダー”。ソニー“DVDハンディカム”シリーズの最上位モデルである。ホームユースを強く意識し、撮影したメディアをDVDプレーヤーに入れるだけで映像を再生できる“手軽さ”が同シリーズの最大のセールスポイント。DCR-DVD403は、この基本路線はそのままに、さまざまな機能を強化している。それでは早速、詳細を見ていこう。



TVでの再生時にうれしいワイド&サラウンド対応

 まずはDCR-DVD403の基本スペックだが、カメラは光学10倍ズームのレンズと総画素数が331万画素の1/3インチCCDからなる組み合わせで、映像撮影時の有効画素数は205万画素。映像撮影時に使用できるプログラムAEのモードは、オートのほかに、シャッタースピード優先の“スポーツレッスン”、絞り優先の“ソフトポートレート”など6種類(静止画撮影時は5種類)で、ジャイロセンサー搭載の電子式手ぶれ補正機能を採用する。音声については4chのサラウンド対応マイクを本体上部に内蔵し、5.1chサラウンドオーディオでの記録が追加オプションなしで可能だ。映像の確認はビューファインダーに加え2.7インチワイド液晶パネルを搭載しており、スクリーンの縦横比が16:9(ワイド)の映像をフルサイズで表示可能だ。

 ここでのポイントはなんといっても“ワイドスクリーン”“5.1chサラウンド対応”である。現行のDVカムコーダーはそのほとんどがワイドでの撮影機能を有しているが、ワイドスクリーンに対応する液晶スクリーン(ビューファインダー)を搭載する機種はまだ少ない。液晶スクリーンが4:3なので16:9での撮影は上下に黒い帯が出てしまうのはまだいいとして、16:9の映像を無理やり4:3のアスペクト比(縦横比)に変更して表示するために、正しい比率での映像確認がカムコーダー本体だけでは事実上不可能という使う側にとっては“困った機種”もあるのだ。その点、DCR-DVD403ではビューファインダーでも液晶パネルでもワイドで撮影することを前提とした設計で、撮影している映像を正しい比率で確認できる。当然といえば当然のことなのだが、今までその機能が軽視されていた状況を考えれば今回のワイドスクリーン対応における意味は大きい。家庭におけるTVのスクリーンも4:3から16:9のワイドスクリーンに変わりつつあるだけに、この対応はうれしいところだ。

 また5.1chサラウンドについても、最近ではホームシアターを実現するスピーカとアンプの安価なセットパッケージが身近になっている。リアルな音も、映像を見ながら記憶を呼び起こすために欠かせない要素だけに、標準での対応はうれしいところだ。

本体背面録画ボタンにパワー・モード変更ボタンなどが並ぶ本体後面。ちなみにこれはDCR-DVD403に限った話ではなくこのサイズのカムコーダー全般にいえることだが、液晶ビューファインダーはおまけ程度だと思ったほうがいい。
本体上面
本体上面。4chのステレオマイクをはじめ、ズームスライダーやフォトボタンが配置されている。
2.7インチのワイドパネル ローアングルでの撮影
2.7インチのワイドパネル。ローアングルでの撮影時には画面横の操作ボタンが重宝する。
2.7インチのワイドパネル。画面の横にはズームコントローラと録画ボタンが用意され、ローアングル撮影などで大変重宝する。ちなみにモニタ表面に表示されているのはカメラのメニューで、そのコントロールはパネルをタッチすることで行なう。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン