このページの本文へ

パイオニア、DVD-R DLに24時間連続録画が可能なHDD&DVDレコーダー『DVR-530H』と『DVR-555H』を発売

2005年03月31日 18時56分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パイオニア(株)は31日、片面2層DVD-R(DVD-R DL)に最大で24時間の連続録画が行なえるHDD&DVDレコーダー『DVR-530H』と『DVR-555H』を発売すると発表した。価格はオープン。発売時期は、『DVR-530H』が5月上旬、『DVR-555H』が6月上旬。

『DVR-530H』 『DVR-555H』
『DVR-530H』『DVR-555H』

『DVR-530H』は、DVD-R DLディスクに最大24時間、DVD画質で約6時間の録画を行なえるのが特徴。200GBのHDDを内蔵しており、HDDに最大569時間の録画が可能。HDD録画では、新たに転送レートが15Mbpsの高画質録画モード“XP+モード(15Mbps)”を搭載するとともに、ハイエンドモデルで採用している設計思想を受け継いだ高画質エンジンを搭載したという。操作画面は同社と東京大学先端科学技術研究センターの産学共同プロジェクトの一環として共同開発したものを採用。タイトル一覧表示の方式(表示数切り替えや順番の切り替え)の選択や、複数タイトルの同時選択なども可能な“快速ディスクナビ”機能、ボタンを押すと次の操作をナビゲートする“気がきくナビ”機能なども搭載している。

自社開発のDVD-R/RWドライブ(12倍速DVD-R書き込み/6倍速DVD-RW書き換え)を搭載し、最大100倍速の高速ダビングに対応したという。DVD-RAM/+R/+RWディスクの再生にも対応。また、ダイレクト接続の“PictBridge”に対応しており、USB端子に接続したデジタルカメラの画像をHDDに転送し、保存することもできる。パソコン用キーボードを接続すればタイトル入力なども行なえるという。そのほか、音楽CDをHDDに録音できる“ジュークボックス”機能も搭載されている。本体サイズは幅420×奥行き273×高さ59mm、重量は4kg。

『DVR-555H』は、250GBのHDDを内蔵し、ゴーストリダクションチューナーを搭載した上位モデル。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン