このページの本文へ

【フォトレポート】12cm角ファンと“ヒートレーン”を採用した巨大CPUクーラー「将軍」

2005年03月30日 21時54分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 岡谷エレクトロニクスから登場した大型CPUクーラー「将軍」。サイズは123(W)×98(D)×147(H)mmとなっており、下の写真のようにタバコの箱4つ分ほどの大きさがある。長方形のヒートレーンに、左右合わせて104枚のアルミ製フィンを取り付け、さらに冷却効果を高めるために12cm角のファンを搭載する。ブラケットに取り付けるタイプのファンコントローラが用意されており、回転数/騒音値は700rpm/20dB~1600rpm/32dB。LGA775、Socket 478/754/939/940の5種類に対応。今回は、この製品の細部をフォトレポートでお伝えしよう。

タバコの箱4つ分の大きさがある巨大クーラー

サイズ フィン フィン側面
サイズは123(W)×98(D)×147(H)mm。横に置いたタバコの箱と比べると、その大きさがわかるだろうフィンは長方形のヒートレーンに対して左右に分かれて配置されているフィンの強度を上げるため、フィン同士を端の部分でつないでいる
ファン 留め方 切り欠き
25mm厚の12cm角のファンが取り付けられている“コ”の字型の金具で12cm角ファンの留め穴に接続されているフィンの切り欠き部分に固定されている

104枚のフィンに接続されたヒートレーン

ヒートレーン フィン3 ヘッドフィン
ヒートレーンの幅は実測値で49mm長方形のヒートレーンに左右合わせて104枚のフィンが取り付けられているヘッドの直上にも19枚のフィンが取り付けられている

ファンコントローラなどが付属

ヘッド 取り付け金具 取り付け方向
ヘッド部分は銅製LGA775、Socket 478/754/939/940の5種類に対応した取り付け金具が同梱されるマザーボードに対する取り付け方向は選択可能
電源供給コネクタ 延長ケーブル ファンコン
ファンへの電源供給コネクタは3ピンタイプを使用12V4ピンペリフェラルに接続するための延長ケーブルも同梱されているブラケットに設置するタイプのファンコントローラが本体に取り付けられている。回転数/騒音値は700rpm/20dB~1600rpm/32dB
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ