このページの本文へ

“True MIMO”技術で108Mbpsを実現した無線LAN PCカードがプラネックスから登場

2005年03月30日 20時33分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Airgo Network社の“True MIMO(Multiple Input Multiple Output)”技術を利用した通信速度108Mbps対応の無線LAN PCカード「CQW-NS108G」がプラネックスから登場した。CardBus(TypeII)対応で、IEEE802.11b/gのアクセスポイントにも完全互換となっている。

「CQW-NS108G」
プラネックス製108Mbps対応の無線LAN PCカード「CQW-NS108G」

“True MIMO”対応の無線LANアクセスポイントや、ブロードバンドルータとの組み合わせにより、従来のIEEE802.11gの2倍にあたる108Mbpsの通信速度を実現する。本体サイズは、54(W)×123(D)×5(H)mmで、最厚部分は10mmとなる。価格は、フェイスで1万470円。

パッケージ表面 パッケージ裏面
“True MIMO”技術により、従来のIEEE802.11gより通信速度が2倍、通信範囲は4倍に消費電力は最大2.3Wで、重量は約48g。対応OSは、Windows XP/2000
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ