このページの本文へ

キヤノン イメージング システム テクノロジーズ、FeliCa認証のセキュアー印刷システム“NetHawk DSSX”を発売

2005年03月23日 23時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

キヤノン イメージング システム テクノロジーズ(株)は23日、キヤノン(株)製レーザープリンター“サテラ”シリーズ向け認証セキュアー印刷システムとして、非接触ICカード技術“FeliCa”を利用した“NetHawk DSSX(ネットホーク ディー・エス・エス・エックス)”を開発したと発表した。5月中旬にキヤノン販売(株)から販売する。

“NetHawk DSSX”は、プリンターからドキュメントを出力する際の認証に、FeliCaカードを利用できるようにするためのシステムで、すでに“サテラ”が導入されている環境でも後から追加できるのが特徴。印刷データの暗号化や印刷実行のログ収集のほか、IPアドレスフィルタリングなどの機能が用意されている。導入は、NetHawk DSSX本体をプリンターにUSBケーブルで接続し、ネットワークに接続するだけで行なえる。クライアント認証はFeliCaやID/パスワードなど用途に応じて選択できるようになっているが、プリンターに接続したNetHawk DSSXでは必ず認証カードによる認証が必要。

本体サイズは幅26×奥行き129×高さ138mm、重量は約250g。電源はACアダプターを利用し、消費電力は5W。インターフェースは、10/100BASE-TX、USB 2.0、認証カードリーダーを装備する。設定ユーティリティーの対応OSはWindows XP/2000 Professional。対応機種はPC/AT互換機。対応プリンターは、レーザープリンターがLBP5800/5700/5500など15機種(LIPS IV v10.60以降/LIPS LX v1.21以降のドライバーソフトに対応)、インクジェットプリンターがBIJ2350/1350の2機種(LIPS IV v10.60以降)。

製品は、プリントサーバー/カードリーダー(PaSori)/管理者ライセンス/クライアント5ライセンスを含む『NetHawk DSSX 基本セット』とICカード『NetHawk DSSX 専用FeliCaカード 10枚セット』のほか、サーバー/クライアント5ライセンスの『NetHawk DSSX 追加セット』、ライセンス認証『NetHawk DSSX 追加クライアントソフトウェア 10ユーザーライセンス』、『NetHawk DSSX 追加クライアントソフトウェア 50ユーザーライセンス』などが用意される。価格は、基本セットが9万8000円(税別)、追加セットが7万8000円(税別)、10ユーザーライセンスが2万円(税別)、50ユーザーライセンスが5万円(税別)、FeliCaカード10枚セットが4万6000円(税別)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン