このページの本文へ

アイ・オー・データ機器からNEC「ND-3530A」採用のUSB2.0外付けモデルが登場

2005年03月19日 23時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日アイ・オー・データ機器から発売されたNEC製ドライブ「ND-3530A」を採用する初の記録型DVDドライブ「DVR-ABN16S」に続き、今度はUSB2.0対応の外付けモデル「DVR-UN16S」が登場した。

DVR-UN16S
NEC製ドライブ「ND-3530A」を採用するUSB2.0対応の外付けモデル「DVR-UN16S」

 ドライブ本体は同じであるため、スペックも内蔵ATAPIモデル「DVR-ABN16S」と共通。DVD+R DLが6倍速書き込みに対応するほか、以下DVD-R DLが4倍速/DVD±Rが16倍速/CD-Rが48倍速、書き換え速度は、DVD+RWが8倍速/DVD-RWが6倍速/CD-RWが32倍速、読み出し速度は、DVD-ROMが16倍速/CD-ROMが48倍速、バッファ容量2MBとなる。
 同梱のソフトは、CM自動検出機能を搭載したビデオ編集ソフト「Ulead DVD MovieWriter 3.5 SE for I-O DATA」、ライティングソフト「B's Recorder GOLD8 BASIC」、パケットライティングソフト「B's CLiP6」、アルバム作成ソフト「Photoshop Album 2.0 Mini」、バックアップソフト「EasySaver LE」など。価格はWonderCityで1万5193円。内蔵ATAPIモデル「DVR-ABN16S」より約3000円ほど高めとなる。

本体
採用ドライブは未発売のNEC製「ND-3530A」。ROM互換機能がある点も内蔵ATAPIモデル「DVR-ABN16S」と同じだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ