このページの本文へ

IIJ、送信ドメイン認証の導入を発表――迷惑メール対策で

2005年03月17日 22時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットイニシアティブは17日、迷惑メール対策の一環として、送信ドメイン認証を導入すると発表した。3月末までに同社内で導入し、以後、企業向けのメールアウトソースサービスや個人向けメールサービスにも順次導入する。

送信ドメイン認証は、メールを受信する際に送信元のサーバーが適切であるかどうかを認証する技術で、フィッシングメールなどのドメイン名を詐称して送られてくる迷惑メールへの対策として効果があるもの。メールを送信する側がドメインの認証情報をDNSで公開し、受信側はメールサーバーでメールを受信する際に、送信側ドメインのDNSに認証情報を照会、受信したメールの情報と一致するかを検証することで、メールの正当性を確認するという。

同社では、自社内に“IPアドレス型(Sender ID/SPF)”と“電子署名型(DomainKeys)”の2種類の認証方式を復合した送信ドメイン認証を導入し、2005年度中に、企業向けメールアウトソースサービスや個人向けメールサービスに導入するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン