このページの本文へ

SLIも可能!“GeForce 6800LE”PCI Express版カードが登場

2005年03月15日 23時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “GeForce 6800”シリーズGPUのうち最廉価モデルとなる“GeForce 6800LE”。搭載カードはこれまでAGP版のみだったがが、初のPCI Express版となる製品、「WinFast PX6800LE TDH」が本日Leadtekから登場した。

「WinFast PX6800LE TDH」
PCI Express版“GeForce 6800LE”カード、「WinFast PX6800LE TDH」

 VRAMに256MBのDDR SDRAMを搭載し、インターフェイスはD-Sub/DVI/HDTV Out。HDTV/S-Video/コンポジット出力ケーブルが同梱。Leadtekのウェブサイトによると、コアクロックは325MHz、メモリクロックは600MHzとなっており、同じく“GeForce 6800LE”を搭載する同社製AGP版カードで比較するとコアクロックが高く、メモリクロックが低くなっている。またSLIをサポートしているのも見逃せないところで、基板にはSLI接続用のエッジが設けられている。価格はアークで3万1480円。2枚購入したとすると約6万3000円となり、PCI Express版“GeForce 6800Ultra”カード1枚の価格をわずかに下回ることになる。

カード本体 SLIに対応
カード本体。クーラーは“GrForce 6800”シリーズとしては小型SLIに対応。2枚購入するとPCI Express版“GeForce 6800Ultra”カードをわずかに下回る価格となる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ