このページの本文へ

トライジェムジャパン、17インチワイド液晶ディスプレー搭載デスクトップパソコン『DREAMSYS LLシリーズ(LL4305P)』を発売

2005年03月14日 21時15分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)トライジェムジャパンは14日、17インチワイド液晶パネルを搭載した一体型デスクトップパソコン『DREAMSYS LLシリーズ(LL4305P)』(LL4305P)を4月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は19万円前後。

LL4305P『DREAMSYS LLシリーズ(LL4305P)』

“DREAMSYS(ドリームシス)”は、韓国トライジェムコンピュータ(TriGem Computer)社とソフトバンクBB(株)が共同で企画して販売しているパソコンで、今回発売する“DREAMSYS LLシリーズ”は、17インチワイド液晶ディスプレーを搭載した一体型のデスクトップモデルとなる。液晶パネルは富士通(株)製の17インチワイドで、輝度は450cd/m2、解像度は1024×768ドットで約1620万色表示に対応。独自設計のマザーボードを採用し、HDDや本体背面の冷却ファンの配置を工夫することで、本体サイズを幅448×奥行き200×高さ462mmに薄型化したのが特徴。液晶パネル面は上に30度までチルトできる。冷却ファンを2基搭載することで静音化も図られており、駆動音は人のささやき声レベルの25dBという。重量は9.46kg。外付け型のTVチューナーユニットが付属しており、液晶テレビとしても利用できる。iEPGを利用した番組予約も可能で、タイムシフト再生も行なえる。キャプチャー機能はMPEG-1/-2/-4形式に対応する。本体上部には30万画素のCMOSウェブカメラも搭載されている。

CPUにはPentium 4-3.0EGHz、チップセットにはグラフィックス機能を統合したインテル865GVを採用。メモリーは256MB(PC3200準拠DDR SDRAM、32MBをグラフィックスと共有(最大96MB))、HDDは160GB(毎分7200回転)、光ディスクドライブはスロットローディング方式のDVDスーパーマルチドライブを内蔵する(DVD-R書き込み4倍速/DVD+R書き込み2.4倍速/DVD-RW書き換え2倍速/DVD+RW書き換え2.4倍速/DVD-RAM書き換え2倍速/CD-R書き込み16倍速/CD-RW書き換え8倍速/DVD-ROM読み出し8倍速/CD-ROM読み出し24倍速)。

正面/背面/側面
左から、本体の正面/背面/側面

インターフェースは、USB 2.0×5(側面2、背面3)、IEEE 1394×2(側面4ピン、背面6ピン)、PS/2×2、アナログRGB出力(ミニD-Sub15ピン)、10/100BASE-TX、ヘッドホン、マイク、ラインイン、ラインアウトなどを装備するほか、“7-in-1”メモリーカードリーダー(CF/マイクロドライブ/SDメモリーカード/MMC/メモリースティック(PROを含む)/スマートメディア対応)を搭載する。“IEEE 802.11b/g”準拠の無線LAN機能(Mini-PCI)も搭載。

ワイヤレスマルチメディアキーボード、光学式ワイヤレスホイールマウス、リモコン(本体の起動/終了やCD/DVDのコントロール、TV操作などが可能)が付属する。OSはWindows XP Home Edition SP2で、オフィスソフト(Office Personal Edition 2003)、リモコン対応のホームシアターソフト『PowerCinema 3.0』、TV録画ソフト『PowerVCR II』、ライティングソフト『Power2Go 4』、ウイルス対策ソフト『Norton AntiVirus 2005 90日限定版』などが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン