このページの本文へ

“Opteron”の低電圧モデル「Opteron 246 HE」のバルク版が発売も即完売!

2005年03月11日 21時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのSocket 940対応“Opteron”シリーズの低電圧モデル「Opteron 246 HE」が登場した。発売となったのはバルク版で価格は6万4220円。入荷した高速電脳では即日完売となっている。

2個
アキバ初登場の“Opteron”シリーズの低電圧モデル「Opteron 246 HE」。入荷した高速電脳では即日完売
Opteron 246 HE
実クロックは2.0GHzでほかに146/846HEがラインナップされている

 “Opteron”の低電圧モデルは、消費電力30Wの“EE”シリーズと55Wの“HE”シリーズが用意されている。ラインナップは大きく分けて2種類。周波数1.4GHzのOpteron 140/240/840EEと、周波数2.0GHzのOpteron 146/246/846HEとなる。すでに販売されている周波数2.0GHzの“Opteron xx2”シリーズの消費電力は89Wなので、今回登場した「Opteron 246 HE」は34Wほど低いということになる。その他、0.13μmプロセス、2次キャッシュ1MBといった仕様に変化はない。
 ちなみに今月中には、90nmプロセス、HyperTransport 1GHz、SSE3拡張命令対応の新コアを搭載した「Opteron 252(周波数2.6GHz)」の発売も予定されている。

OPN ガイド
OPNは“OSK246CMP5AU”。ステッピングは“CG”リビジョンとなる高速電脳でプリントアウトされたOpteronのクイック・リファレンス・ガイド(AMDウェブサイト内)。たしかに55Wと記載されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ